昔の記憶

解雇通告と就職活動

 私は2002年3月7日木曜日に、
 札幌医科大学医学部長室で、
 神保孝一医学部長から解雇通告を受けました。
 公務員なので…
 『辞めろ』とは言えません。
 周到に準備された、
 【本間追い出し計画】により、
 形成外科医局の女医さんが文章を準備していました。
      ■         ■
 私は皮膚科教授の神保孝一が、
 医学部長に再選された時から、
 札幌医大を辞める決意をしていました。
 私は、対立候補を応援していました。
 神保が再選されたら、
 自分が辞める決意をしていました。
      ■         ■
 そのまま放置すれば、
 私から辞めたものを…
 よほど追い出したかったのか…?
 神保医学部長は、
 満面の笑みを浮かべて、
 女医さんが準備した書面を読み上げました。
 横で下を向いて聞いていたのが、
 信じてはいけない人である助手でした。
      ■         ■
 2002年3月7日以降は、
 私はすべての業務から外されました。
 飼い殺しとはまさにこのことです。
 私の就職活動はそこからスタートしました。
 私の考えは甘すぎました。
 大学病院の形成外科講師だったら、
 すぐに美容外科へ就職できると考えていました。
      ■         ■
 これから転職を考えている形成外科の先生に言います。
 美容外科や医療機関の経営者が欲しいのは、
 肩書きではありません。
 経歴でもありません。
 美容外科の経営者が欲しい先生は、
 大学病院で論文をたくさん書いた先生ではなく、
 患者さん受けがよくて、
 スタッフや他の先生と協調性の良い医師です。
 たくさん売上を稼げるともっと良いです。
      ■         ■
 私は、昨日の神奈川クリニックを含めて、
 何軒かの美容外科に面接に行きました。
 開業資金もなく、
 美容外科経営のノウハウも知りませんでした。
 私にあったのは、
 形成外科の知識と技術だけでした。
 札幌医科大学形成外科講師の肩書きより、
 元札幌中央形成外科副院長の経歴が、
 就職活動では有利でした。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科に勤務することを…
 批判的な目で見る形成外科医がいます。
 確かに…
 問題があるチェーン店もあります。
 絶対に就職してはいけない美容外科もあります。
 神奈川クリニックの山子大助先生を批判する人もいますが、
 神奈川クリニックからは、
 たくさんの美容外科医が育ちました。
 立派に活躍されている先生もたくさんいらっしゃいます。
 私は一つの時代だったのだと思っています。
 みねぎしクリニックの成功を祈念しています。

“解雇通告と就職活動”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    荻野先生も同じです。 医学部長選挙で仙道先生を応援して ある方の言う事を聞かなかったからです。
    白い巨塔にのぼりつめるための 邪魔な者は追い出すという作戦です。
    荻野先生 定年になられましたら、本間先生と北大を歩いてください。

  2. まみ子 より:

    医科大学は医者を育てる場所です。決して「追い出し計画」をたてる場所ではありません。まったく愚かな人たちですね。

    先生、先週看護学校の皮膚科看護の講義が終了しました。今年は一人も寝ている学生さんはいませんでした。良かった・・・・。
    90分間飽きない様に「ステロイド外用薬のYES・NO」問題を取り入れたり工夫しながら頑張りました。

  3. すずらん より:

    昨年本間先生に眼腱下垂の手術をしていただきました。本間先生の誠実で自分のことのように心配したくださるお人柄を尊敬しております。先生以外に施術をしてもらうことは考えておりません。
    今は先生のことを頼りにしている方がたくさんいると思います。過去の汚い人たちはそれ相応の報いを受けることと思います。人間、生きたように死んでいきます。
    私は先生に巡り合えたことを幸運に思っています。
    私は、昨年手術をしたあと職場をやめました。
    後から入っ来た方(後輩)がことごとく私のことを事務長に告げ口し、このまま一緒にいると私のほうがつぶされると感じたからです。
    患者さんのことを呼び捨てにしたり、生活保護の方を毛嫌いするところも気になって注意をしたりしていました。
    そんなことも無駄におわりましたが、今は辞めたことをこうかいしていません。きっといいことがあるとしんじています。
    本間先生、応援していますので頑張って下さい。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ