昔の記憶

お地蔵さんへのお願い

 私は無宗教です。
 親父の葬儀も無宗教でした
 お坊さんも牧師さんもいないお葬式でした。
 お経の代わりに孫4人が、
 おじいちゃんにお別れの言葉を述べました。
 いいお葬式だったと思っています。
      ■         ■ 
 無宗教の私でも、
 お正月には神社に初詣はつもうでに行きます。
 困った時には、
 神様にお願いします。
 無宗教の割に、
 神や仏やイエスキリストにすがります。
 クリスマスもお祝いします。
      ■         ■
 私の家の近くに、
 大きなお地蔵さんがあります。
 ネットで検索すると、
 桑園延命地蔵尊がヒットしました。
 著者のぱるるんさんのページです。
 石炭を小樽まで輸送する目的で、明治13(1880)年札幌~小樽間に鉄道が敷設されました。
この鉄道(現・函館本線)は、ここ桑園地区を横切る形で建設されました。
 現在は、民家やマンション・ビルなどがびっちりと建っていますが、その昔はヨシや大木が密生していて、その中をカーブしながら線路が敷かれたので、とても見通しが悪く、踏切事故が多発していたそうです。
 特に、北7条西11丁目の踏切では、鉄道死亡事故が多発して「魔の踏切」と呼ばれていたそうです。昭和2年までに、死者は364人にも上ったそうです。
 大正15年、地元の方たちが死者の供養と魔除けの為に、地蔵尊を建てる為の組織「北門倶楽部」を結成しました。関東方面の地蔵尊を調べたところ、大型のもので1.7m程で通常はそれより小型の地蔵尊であることから、日本一大きい石仏像を製作することになりました。
 制作は、札幌で天才的な石工師と言われていた阿部独海(あべどっかい)に依頼しました。昭和2(1927)年8月に全長2.6m、重さ3.5tもある桑園延命地蔵尊を無事に建立することができました。
 地蔵尊の加護があったのか次第に事故が少なくなり、昭和63(1988)年11月鉄道開通108年目にして鉄道が高架化され、鉄道事故の問題もようやく解消されました。
 鉄道が高架化された今でも、毎年7月24日には、地蔵尊への感謝と死者の供養、地域の交通安全のために慰霊法要が行われています。

      ■         ■
 こんな歴史があったようです。
 一つ心配なのは、
 北海道新幹線が札幌まで開通すると、
 このお地蔵さんのすぐ前に、
 新幹線の高架ができるのでは?と思う点です。
 私もビル建替などで困っていることがたくさんあります。
 横を通るとお地蔵さんにお願いしています。
20160713

“お地蔵さんへのお願い”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    私も無宗教のようなものです。
    自分が亡くなったら
    お経は不要だと思ってます。

    お地蔵様に裁判の事、さくらんぼさんの事
    悪い事が起こらないように
    お祈りされたんでしょうね。

    私も日々、先生とさくらんぼさんの事を祈らせて
    頂いていますよ。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。困った時だけ神だのみだから、神さまにも仏さまにもキリストさまにも見捨てられそうです。今日も帰りにお地蔵さんの回りで子供さんが遊んでいました。自分勝手ですがお地蔵さまにお願いしています。

  2. さくらんぼ より:

    先生からも通勤の行き帰りお参りしていただき 願いがかないました。ありがとうございました。 母の実家の近くにも大きな お地蔵さんがあり よだれ掛けに こどもの名前が書いてありいつもお供え物があります。いわれはわかりませんが、子育て地蔵さんではないかと思います。私はいつも困るとお願いに行きます。 先生の所のお地蔵さんは由来がわかるのですね。 明日主人が退院します。 今年は後半良いことがあるといいです。 先生も大同生命との裁判勝ってください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。願いがかなってよかったです。こちらの大同生命との闘いは大変です。私は全財産をかけても大同生命と最後まで戦うつもりです。裁判はお金も忍耐も時間もかかります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ