医学講座

耳の形で困ること

 昨日の院長日記、
 立ち耳の症例2013に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました。
 たち耳で困ったと聞いた事もないですし、
 耳がない赤ちゃんや
 おしりの穴がない赤ちゃんはおりました
 確かにさくらんぼさんのおっしゃる通りです。
      ■         ■
 耳がなくても…
 聴力は正常な子どもさんもいらっしゃいます。
 おしりの穴がない赤ちゃんは…
 鎖肛(さこう)という病気です。
 手術の対象になります。
 いろいろな病気があります。
      ■         ■
 耳の形はさまざまです。
 日本と欧米でも考え方は違います。
 欧米では…
 悪魔の耳が嫌われることが多いと聞きます。
 日本では…
 七福神のように…
 特徴のある耳を喜ぶこともあります。
      ■         ■
 耳の形で困ることは…
 幼稚園の節分で…
 鬼のお面をかけられないとか
 マスクがかけられないとか…
 眼鏡がかけられないとか…
 その程度かも知れません。
      ■         ■
 副耳(ふくじ)という…
 小さな突起がついている赤ちゃんもいます。
 日常生活で困ることはありません。
 大人でもついている人もいます。
 副耳は健康保険で切除できます。
 K288副耳(介)切除術2,240点という手術です。
 小さいうちに切除する人が多いです。
 日常生活で困ることはなくても…
 他人と違うところを手術で治すのも形成外科の仕事です。 

“耳の形で困ること”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    知り会いの方の赤ちゃんだったので お見舞いに山大まで行った記憶がありますが、詳しい事もききづらく お見舞いだけおいてきました。 その方はもう成人になられ 結婚しましたが、5年くらい経つのに赤ちゃんはまだのようで心配しています。 形成外科がない山大はどの科で手術したのでしょうか?もう30年以上前です

  2. なっちゅん より:

    耳がなくても聴力はあるのですか。
    それは幸いですが、やはり見た目がありますよね。
    耳の全てを形成することもあるのでしょうか?
    多分そうですよね。

    何処が悪くても困りますが、
    形成外科も無くてはならないと切に思いました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ