医学講座

わきが治療と厚生労働省2014

 私たち医師は厚生労働大臣から医師免許をいただきます。
 医師国家試験に合格して、
 医籍というお医者さんの戸籍のようなところへ登録して
 はじめて医師としての活動が認められます。
 看護師さんも同じです。
 医療行政において、
 厚生労働省の役割は大きいです。
      ■         ■
 5人に一人がワキガ体質の国ニッポン
 厚生労働省が認可した、
 ワキガ治療器はありません。
 昨日の院長日記に書いた
 米国製のワキガ治療機器、
 厚生労働省に聞いてもわかりません。
 医師個人の責任において、
 個人輸入という形で使われています
      ■         ■
 輸入する時に、
 医薬監証明(いやくかんしょうめい)という許可を、
 関東信越厚生局からいただいて、
 医師個人の責任で輸入しています。
 実際の業務は、
 日本の代理店が代行することが多いです。
 行政書士がすることもあります。
      ■         ■
 アザの治療に使っているレーザー治療機は、
 厚生労働省が認可した製品です。
 保険適応でレーザー治療をするには、
 臨床試験をして
 有効性や、
 危険性をしっかりチェックする必要があります。
 私も昔コラーゲン注入剤の臨床試験を担当しました
      ■         ■
 私が残念に思うのは、
 30万円も40万円もする治療なのに
 ネットで調べると夢の機械のように書いてあるのに
 日本におけるしっかりとした臨床データーが無いことです
 日本形成外科学会誌にも、
 日本美容外科学会誌にも、
 エビデンスがある論文は掲載されていません
      ■         ■
 たくさんの人が治療を受けているのに、
 効果が無い人もいらっしゃいます
 せっかく高いお金を払ったのに、
 残念に思っている人がいます。
 消費者センターに相談に行くにも、
 ワキガに効くっていうので、
 ローンを組んで治療を受けたのに、
 私まだくさいんです
 …なんて言えません。
 厚生労働省や消費者庁には、
 もう少しワキガで悩んでいる人のために、
 正しい治療法について啓蒙していただきたいです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ