医学講座

フィブラストスプレーと軟膏

 痛くないやけど治療①
 痛くないやけど治療②
 痛くないやけど治療③
 痛くないやけど治療④
 痛くないやけど治療⑤
 5回連載した痛くないやけど治療
 …のまとめです。
      ■         ■
 熱傷治療ガイドラインには書いていない、
 エビデンスがない本間仮説です。
 2019年5月30日の時点で私が考える治療法です。
 熱湯などで、
 深いやけどをしたら、
 すぐにフィブラストスプレーです。
 フィブラストスプレーを常備しているクリニックを探してください。
      ■         ■
 水疱膜は破らずに、
 フィブラストスプレーを噴霧して、
 その上から、
 バラマイシン軟膏と、
 フシジンレオ軟膏を、
 1:1に混合した軟膏を塗布します
 軟膏は厚めにします。
      ■         ■
 軟膏を塗った上は、
 医療用のフイルム材を使います。
 オプサイトという商品名の製品を選びます。
 滅菌していない、
 ロールタイプの製品が使いやすいです。
 他の製品でも構いません。
 軟膏を塗ったままだとべとべとになるからです。
      ■         ■
 毎日の処置は、
 生理的食塩水で洗い流します。
 ちょっと痛いですが、
 フィブラストスプレーを、
 シュっとして、
 その上から軟膏を塗ります。
 そうすると痛くないです。
 少しずつキズが治ってきます。
      ■         ■
 やけどの部位からにおいがしたり、
 赤くなったり、
 痛みが増強した時には、
 感染を疑います。
 抗生物質を投与します。
 小範囲のやけどでしたら、
 入院せずに、
 フィブラストスプレーと軟膏で治療できます。
 これが私のおすすめです。
 エビデンスはありません。
 経験だけです。 

“フィブラストスプレーと軟膏”へのコメント

  1. えりー より:

    医学講座「痛くないやけど治療」
    知識のない自分にも、
    理解しやすくまとめてくださり、
    本当にありがとうございます。
    患者さんだけでなく医療に携わる方も、
    勉強になると思いました。
    経験は宝という言葉を聞きましたが、
    本間先生の貴重なご経験を惜しみなく
    伝えてくださって感謝しております。
    できるだけ入院せずに治療して
    いただくことは皆が願うことだと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。誰でもあとが残らず、痛みがないやけど治療を望みます。感染を起こすと大変なので、感染を起こさないように注意しながらフィブラストスプレーと軟膏を使う方法をおすすめします。

  2. なっちゅん より:

    お疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    頭痛は大丈夫ですか?

  3. さくらんぼ より:

    経験が一番だと思います。これからも役に立つ知識教えて下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。がんばって院長日記を続けます。ご声援に感謝しています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ