医学講座

第37回日本頭蓋顎顔面外科学会(東京)③

 今日は2019年11月1日(金)です。
 有意義だった第37回日本頭蓋顎顔面外科学会が終わりました。
 今、札幌に戻りました。
 金曜日の夜は飛行機が満席です。
 11月はあと2つ学会に出席します。
 11月14日(木)15日(金)が仙台の日本形成外科学会基礎学術集会、
 11月28日(木)29日(金)が東京で日本マイクロサージャリー学会です。
      ■         ■
 私には何の趣味もないですが、
 形成外科の勉強が大好きです。
 小学校から大学までは、
 勉強は嫌いでした。
 好きな科目もありましたが、
 嫌いな科目の授業は嫌でした。
      ■         ■
 今は好きな形成外科で、
 65歳になっても仕事があるので、
 ほんとうにありがたいことだと思っています。
 第37回日本頭蓋顎顔面外科学会で勉強になったことです。
 学会一日目の続きです。
 今回のテーマは、
 顔のプロフェッショナルを目指してでした。
      ■         ■
 私の印象に残ったのが、
 10:10~11:10 特別企画1
 GID性同一性障害の頭蓋顎顔面外科手術
 司会:難波祐三郎 岡山大学病院ジェンダーセンター
    丹羽幸司 医療法人ガクト会 ナグモクリニック大阪
 SP1-1 GID概論とMTF(Male to Female)の精神医学的特性
 医療法人ガクト会ナグモクリニック大阪/近畿大学医学部形成外科学講座/NPO法人関西GICネットワーク
 丹羽幸司
 SP1-2 MTF性同一性障害者に対する顔面女性化手術について
 山梨大学医学部附属病院形成外科
 百澤 明
 SP1-3 Feminization Surgery, Thailand 30 years experience
 Chairman Departmentof Plastic and Reconstructive Surgery King Chulalongkorn University Hospital
 Sirachai Jindarak, MD
 SP1-4 性差から考えるクラニオフェイシャル・サージャリー
 リラ・クラニオノェイシャル・クリニック東京/自治医科大学形成外科
 菅原康志
 SP1-5 特別発言
 NPO法人クラニオフェイシャルセンター
 上石 弘

      ■         ■
 GID性同一性障害)は、
 厚生労働省が認めた病気です。
 2018年4月から、
 認定された病院では、
 性別適合手術に健康保険が使えるようになりました。
 保険適応になるのは、
 性器や乳房の手術です。
      ■         ■
 今回の学会で取り上げられたのは、
 性器以外の部分の手術についてです。
 心は男性なのに、
 身体は女性という方が、
 現在、医療機関を受診しているGID患者さんの約65%だそうです。
 一見したところ、
 ちょっとかっこいいお兄ちゃんに見えます。
 駅の男子トイレを問題なく使えます。
      ■         ■
 困るのが、
 心は女性なのに、
 身体が男性という方たちです。
 駅の女子トイレを使おうと思っても、
 女装した男性に見られて、
 ガードマンが来る可能性があります。
 原因は顔です。
 男性ホルモンの影響で顔立ちが男のままです。
      ■         ■
 少しでも女性顔に見えるようにするために、
 形成外科の手術が必要になります。
 この手術は、
 美容目的の手術ではありません。
 それなのに、
 今のところ保険適応外の手術が多く、
 困っている患者さんを助けることができません。
 日本頭蓋顎顔面外科学会では、
 この問題を取り上げて、
 活発な討議がされました。
      ■         ■
 私は、
 山梨大学形成外科の百澤明先生のご発表がよかったと思いました。
 百澤先生は、
 埼玉医大でGID患者さんの治療をはじめられました。
 患者さんの女子トイレを安心して使いたい、
 …という願いをかなえてあげたいという、
 強いお気持ちが伝わってきました。
 百澤先生は女性顔をつくるプロです。
 困っている患者さんの味方だと感じました。

“第37回日本頭蓋顎顔面外科学会(東京)③”へのコメント

  1. えりー より:

    学会ご出席お疲れさまでした。
    たくさんのご苦労もあったと
    思いますが好きなことをお仕事に
    できることは、すばらしいこと
    だと思います。形成外科が本間先生の
    天職なのですね。
    先日LGBTの講演会があり当事者の
    声を聞いてきました。悩み苦しんでいる
    方が形成外科の医療で1人でも多く
    救われて幸せに生きることができる
    ことを願っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。形成外科は外見を治す科です。顔は身体の中では一番目立つ場所です。まず他人の顔を見ます。病気で困っている人がいれば少しでも役に立ちたいと思うのが形成外科です。第37回日本頭蓋顎顔面外科学会はとても有意義でした。学会長の小室裕造先生に感謝いたします。ありがとうございました。

  2. さくらんぼ より:

    学会お疲れ様でした。GIDについてのテーマが多かったのですね。今月は、後2回の学会にも出席され65歳になってもいいまだまだまだ若い医師には負けられませんね。本間先生の凄いところです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。GIDのテーマはこれだけでした。今まで形成外科系の他の学会でGID患者さんの顔について取り上げたことがなかったので画期的な企画でした。頭蓋顎顔面外科学会は生まれつき頭の骨や顔の骨に異常がある子供たちや、外傷などで顔面骨骨折を受傷した患者さんのテーマが大部分です。最近は美容外科に関連するテーマも増えています。もっと多くの形成外科医に参加していただきたい学会です。65歳でも頭は若い人に負けないようにがんばって勉強を続けます。ご声援に感謝いたします。

  3. なっちゅん より:

    学会お疲れ様でした。

    GIDの人は可哀想です。
    可哀想と思う世の中も
    良くないのかもしれません
    理解がもっと欲しいです。

    女性の顔になれるのは
    素晴らしいことですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。心は女性で身体も戸籍も女性になっても顔が男性のままだと女子トイレが使えなくて困るそうです。顎顔面のプロが手術をしないと骨格を変えるのは難しいです。学会として取り上げたことで少しでも理解が得られればいいと思っています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ