医学講座

高須克弥先生の手術成功

 今日は2021年1月9日(土)です。
 第139回日本美容外科学会が東京で開催されましたが、
 緊急事態宣言のため出席をやめました。
 学会長のドクタースパ・クリニック
 鈴木芳郎先生、申し訳ございません。
 今日は一日家にいました。
 悪天候の予報でしたが、
 札幌はそれほど雪は降りませんでした。
      ■         ■
 昨日のYahoo!ニュースです。
 高須院長、がん手術の成功を報告「癌の挑戦的手術成功したらしい。このぶんなら誕生日が祝える」
 全身がんであることを公表している高須クリニックの高須克弥院長(75)が8日、自身のツイッターを更新。7日に受けた手術が成功したことを報告した。
 高須氏は「おはよう皆さん。僕の手術は成功したらしいです」と報告した。さらに「術後48時間、紫外線にあたることは厳禁。暗闇の中で回復中のかっちゃん、一瞬LEDつけて、ご挨拶のさしん撮影なう。皆さんから送られた励ましのパワーが僕に力をくれたと確信。心から感謝。皆さんによいことが起こりますよう。感謝の念を送ります」(原文ママ)と病室の写真をアップしフォロワーに感謝の言葉をつづった。 続けて連続ツイートし「癌の挑戦的手術成功したらしい。このぶんなら誕生日が祝える。ありがたいことだ。南無阿弥陀仏なう」とつづった。
 高須院長は7日の朝に「滅菌したスマホを握りしめてトリアージ癌手術待機中なう」と手術を受けることを報告し、午後4時すぎに「手術室に入るかっちゃん。代理投稿なう」と手術室へと入る写真を投稿した。
 午後7時すぎに「ただいま」と手術を終えたことを明かし、続けて「生還なう」とベッドに横になりながら両手でサムズアップポーズをする写真を公開していた。

(以上、Yahoo!ニュース、スポーツ報知より引用)

      ■         ■
 2021年の願いに書きました。
 2012年1月22日に、
 高須克弥先生の67歳のお誕生日に呼んでいただきました。

 私のお隣の席がデヴィ夫人でした。
 高須克弥先生の人脈の広さを知りました。
 郷ひろみさんや、
 野村克也監督ご夫妻もいらしてました。
      ■         ■
 日本の美容外科を育てられた功労者です。
 高須先生がいらっしゃらなければ、
 美容外科はずっと日陰者のままでした。
 私の信じてはいけない人に、
 コメントをいただきました
 私の財産です。
 高須克弥先生の順調なご回復をお祈りしています。

“高須克弥先生の手術成功”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    高須克弥先生の手術、
    成功されたのですね。
    Yahooニュースを見てませんでしたので
    こちらの日記で知りました。
    ありがとうございました。

    安堵致しました。

    順調に、ご回復なさって頂きたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。心配していたので安心いたしました。高須先生は思いやりがある優くていい先生です。お元気になっていただきたいです。

  2. えりー より:

    高須克弥先生の手術が無事に
    終えられて本当に良かったです。
    応援していた方々も
    喜んでいらっしゃると思います。
    順調に回復されてこれからも
    さまざまなところでご活躍
    なさってほしいと思いました。
    あのデヴィ夫人のお隣でお誕生日
    のお祝いにご出席!ご縁がすばらしい
    ですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。野村監督ご夫妻もお元気でした。高須先生には、もっともっと活躍していただきたいです。私が尊敬する先生です。

  3. さくらんぼ より:

    良かったです。一度 高須克弥先生のブログに私のことを取り上げていただき、その時敵である札幌美容形成外科の宣伝をしていただきました。ブログもTwitterも見れないしFBは人数制限で友達になれないので心配していました。奥様、お母様、愛犬まで癌で亡くされています。デヴィビ夫人ですか?綺麗な方ですよね。かっちゃんの全快を祈ってます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。学会でお会いしてもさくらんぼさんのことをいつも言われます。また山形の果物を召し上がっていただきたいです。高須先生は素敵な紳士です。

  4. ラズベリー より:

    高須克弥先生、無事に手術が終わって良かったです。

    手術後に抗がん剤を投与されたりする事がありますが、白血球減少する事が想定され、食欲不振や嘔吐や脱力感など出現するリスクと肺炎とかコロナの懸念もあります。抗がん剤はやり過ぎて寿命が縮まった方を何人も見てきました。白血球を増やす注射をしても追いつかないことがあったりします。やり過ぎないことが1番なのかなぁっと思いました。

    手術出来ない部位について、副作用があまりなく、狙い打ち出来る先進医療でおすすめは、陽子線とな重粒子線です。
    南東北がん陽子線治療センターで陽子線治療を受けた方で癌が縮小したというのを昔、聞いたことがあります。

    人徳ある高須克也先生には、陽子線や重粒子線などの副作用の少ない先進医療を組み合わせて長生きして欲しいです。
    通常のCTやエコーなど以外にPET−CTや腫瘍マーカーなどで定期的チェック要です。

    粒子線治療(陽子線、重粒子線)体にやさしく副作用のリスクが低い治療法 – がんの治療法 詳しく知りたい

    不破信和 |南東北がん陽子線治療センター センター長

    治療できるがん | 名古屋陽子線治療センター

    話は変わりますが、ご子息の幹也先生は、奥様の右目下の脂肪、クマを取る手術をされて優しいですね、綺麗になってました。 

    高須英津子先生が体験!幹弥先生に目の下の脂肪取り手術をしてもらいました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。高須先生は博識で何でもご存知です。陽子線治療も奥様の時に南東北に通われていたと記憶しています。高須ファミリーはご夫妻が仲良しです。国際美容外科学会の時にホテルニューオータニで、奥様のシヅ先生がお孫さんを抱っこしていらして、とてもお幸せそうでした。幹也先生も愛妻家です。克弥先生のご回復をお祈りしています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ