医学講座

新聞配達員さんに伝えたかったこと

 今日は2021年1月22日(金)です。
 新型コロナの感染者数が増えて、
 重症者数も増えています。
 楽観的に見る人もいるようですが、
 私はICUに入院している重症者を思うと、
 とても楽観できないと考えています。
 あまりいいニュースがありません。
      ■         ■
 今日も北海道新聞朝刊のいずみに、
 とてもさわやかな投稿がありました。
 新聞配達員さんに伝えたかったこと
 大みそか、たらふく食べて飲んで、遅めの元日の朝を迎えてぶ厚い新聞の束を取りに行く。今年はいつもの元旦より気持ちが少し軽い。
 実は昨年「新聞配達に関するエッセーコンテスト」に応募して、その中で宣言したのです。毎年、私が布団の中で眠りこけている夜明けに、ある時はいてつく闇を、降り積もった雪をこいで、この重い新聞を届けてくれるる配達員さんに感謝の言葉を伝ええます、と。
 勇気を出して厚紙にマジックで「新聞、ありがとうございます。良い正月をお迎えください」と書いて、そこにどら焼きを1個を立てかけました。
 翌々日の3日に配達された新聞にきれいなポストカードが添えてありました。そこには氷点下9度の中、心が温まったことなど優しい言葉が連なり「裏面は庭に咲いた花たちです」と結ばれていました。
 私のほうこそ心が温まります。このホンワカした気持ちをどうしましょう。わが家の玄関ドアの前には椅子が1脚おいてあり、そこは飾りスペースとして使っています。さっそく写真たてにポストカードの押し花をいれて飾りました。
 玄関フードの周りは白一色の雪景色ですが、この小さな花々は春が来ることの約束のようです。エッセーコンテストは言うまでもなく選に漏れれましたが、貴重ななきっかけをくれました。氷点下9度、どら焼きは凍っていなかったかなあ。
尾坂恵美子おざかえみこ(63歳・パート)=渡島管内木古内町

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私が審査員だったら、
 新聞配達に関するエッセーコンテストに入賞です。
 とてもいいお話しです。
 道南の木古内町で氷点下9度は驚きでした。
 私が住んでいた大夕張は
 氷点下20度、
 帯広も氷点下20度以上で、
 -8℃とかだと、
 今日はまだあたたかいと思った記憶があります。
 新聞配達員さんに感謝して、
 毎朝北海道新聞を読んでいます。
 ありがとうございました。

“新聞配達員さんに伝えたかったこと”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    素敵なお話をありがとうございました。

    なかなかそんな勇気が出ません。

    新聞配達の方、感激されたと思います。

    私自身、クレーム処理で
    気が滅入ってましたが
    心が温まりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。いいお話しで入選作だと思いました。なかなかどら焼きまでは気が付きません。きっとおいしかったと思います。

  2. さくらんぼ より:

    山形新聞は暗いうちに来るので雪の日や、雨の日は、ビニールに入っています。朝早いうちからありがとうございます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。毎朝、暗いうちから新聞配達をしてくださってありがたいです。親しい医師に中学生の頃に新聞配達をしていた先生がいます。とてもいい先生です。

  3. えりー より:

    毎日の新型コロナのニュースに
    心が沈みがちになります。
    そのような時に今朝の
    いずみのような人と人の心が通い合う
    お話しは心がほんわかしました。
    ポスティングの仕事を経験したこと
    がありますが雨の日も雪の日も大変
    でした。これからも新聞を配達して
    くださる方に感謝したいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。新聞は重いです。まだ暗いうちに起きて氷点下9度の中を雪に埋まりながら配達するのは大変です。ポスティングのお仕事も重い印刷物をたくさん配らなければならないので大変だったと思います。玄関にメッセージとどら焼きはとてもありがたかったと思います。メッセージカードも素敵です。いいお話しです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ