医療問題

二重一点留(9,800円)

 二重まぶた埋没法の最安値が
 一点留め保証なし
 キャンペーン料金
 9,800円と広告に出ています。
 最高級の糸を使った
 プレミアムスーパークイック法
 が3年間の安心保証制度がついて
 39,800円だそうです。
      ■         ■
 そもそも、
 埋没法の手術で一番大切なのが、
 何点で留めるかとか?
 最高級の糸を使うとかではないのです。
 二重まぶた埋没法の手術は、
 日本で開発された、
 アジア人に適した手術です。
 古い文献(ぶんけん:論文のこと)では、
 第二次世界大戦の前(1920年代)から
 この手術が発表されています。
      ■         ■
 誰にでも簡単に二重を作れる、
 ‘魔法の手術’という、
 誤ったイメージがあります。
 一番大切なのが、
 埋没法に向いた目かどうかを診断することです。
 瞼が厚い方や脂肪が多い方は、
 埋没法には向いていません。
      ■         ■
 目は丸い形をしています。
 二重の線は目の丸い形に沿ってできます。
 心ある美容外科医でしたら、
 最初から一点留めはしません。
 アイプチにしても…
 メザイクにしても…
 ある程度の長さをつけないと二重になりません。
 一点留で二重ができない理由です。
      ■         ■
 一点だけ糸で固定して、
 二重の形をキレイに出せる方は、
 二重手術なんていらない方とも言えます。
 ですから、
 二重一点留9,800円は、
 客寄せのための広告です。
 9,800円のつもりで行っても、
 もっと高い手術をすすめられます。
      ■         ■
 私は、札幌中央形成外科の
 武藤靖夫先生とご一緒に、
 二重まぶた埋没法についての研究をしました。
 国際美容外科学会誌
 Aesthetic Plast Surg. 24(4):289-91,
 に2000年に発表しました。
 その時に調査した結果によると、
 2点留と4点留では、
 二重の消失率に差がありました。
 4点で留めたほうが
 消失が少ないという結果でした。
      ■         ■
 でも4点で留めると、
 2点で留めるよりずっと腫れが強くなります。
 2点で留めて、
 二重が消失する率は、
 だいたい5~10%です。
 10人中9人は取れないということです。
 生まれつきの二重と同じ構造を、
 糸で作るのです。
 そう簡単に取れることはありません。
      ■         ■
 最高級の糸というのも疑問です。
 手術に使う糸は、
 医療用具として厚生労働省の認可を得ています。
 日本で製造販売している業者は、
 限られています。
 簡単に切れることはありません。
 糸の価格はせいぜい数千円です。
 最高級で、
 一本一万円以上もする糸はありません。
      ■         ■
 良心的で良い美容外科医とは、
 埋没法に向かない目の人には、
 しっかりとその理由を説明できる人。
 たとえ、埋没法でしたとしても、
 もし取れた時には、
 取れにくい部分切開法などの手術ができる人。
 最初から手術を無理にすすめない人です。
 ある程度、技術力を持った先生は
 自分の技術を決して安売りしないと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ