医療問題

医療事故を防ぐには③

 医療事故を起こしにくい先生もいます。
 最初はできない人です。
 よく叱られた人です。
 臆病(おくびょう)な人です。
 素直で、
 他人の言うことを聞く人です。
 チェーン店の美容外科に勤務すると…
 最初は…
 売上、全国最下位になるような先生です。
      ■         ■
 チェーン店の問題という院長日記を、
 2009年12月16日に書きました。
 次の文章は私が考えた文です。
 美容外科のチェーン店には、
 売上目標や売上ノルマがあります。
 ないところでも…
 利益が出ていないと…
 院長の給与はゼロか大幅にダウンします。
 不景気になると、
 次々と‘閉店’する美容外科もあります。
 次の話しは架空の作り話です。
      ■         ■
 この患者さん…
 お腹も…
 腕も…
 太もも全周も…
 全部脂肪吸引して…
 がっつり根こそぎ
 5リットル以上吸引して…
 なんて言ってる…
 こんなに吸引したらヤバイよなぁ…
      ■         ■
 でも、
 これだけ脂肪吸引したら…
 250(万円)は取れる…
 ローンの審査もパスしている。
 今月の売上は低迷…
 受付からのプレッシャー
 先生、お願いしますぅ♡
 悪魔のささやきが聞こえてきて…
      ■         ■
 はいはい、脂肪吸引は簡単ですょ。
 眠っている間にすぐ終わりますょ。
 2~3日休めば、お仕事もすぐにできますょ。
 がっつり根こそぎ脂肪をとりますから…
 見違えるように細くなりますょ。
 みなさん、していらっしゃいますょ。
 心配なんて、いりませんょ。
 キズは残りませんょ。
 さぁ、手術をしましょう!
      ■         ■
 こんな美容外科は…
 実在しないと思いますが…
 広告を見ていると、
 多少やばいと思っても、
 強引に手術をしてしまいそうな…
 美容外科も目につきます。
 売上が重要なのは、
 美容外科チェーン店に限ったことではありません。
 大病院の院長とは…
 病院の赤字を減らせる先生のことです。
      ■         ■
 国の医療費抑制政策によって、
 どこの病院も疲弊しています。
 高齢者が増えた
 →医療費増大
 財政赤字
 →医療費抑制。
 →病院の赤字増大。
 疲弊したベテラン医師の退職。
 という負の連鎖が続いています。
      ■         ■
 最初はできなくて、
 よく叱られる人は、
 慎重です。
 臆病(おくびょう)な人だから
 無謀な運転はしません。
 素直で、
 他人の言うことを聞くので、
 しっかり教育すれば、
 素晴らしい先生に育ちます。
      ■         ■
 医学部の定員だけを増やしても…
 よい先生はできません。
 医療事故も減りません。
 いくら、
 インシデントレポートを書いても、
 医療事故は減りません。
 大切なのは、
 教育だと思います。
 どんな業種でも、
 事故を防いでよいサービスを提供するには、
 まず人を教育することです。
 その予算配分が少ないと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ