院長の休日

リカちゃん衣装愛らしく

 平成22年9月15日、朝日新聞朝刊_『ひととき』への投稿です
 リカちゃん衣装愛らしく
 小学2年生のみことちゃんとお友達です。みことちゃんは、私が週1回通っているデイサービスで会う、介護士さんの娘さんです。時折、お便りやビーズのネックレスをもらいます。
 先日、みことちゃんからリカちゃん人形のドレスの注文がありました。人形を借りておよその寸法で布を裁断し、手縫いで3着ほど作りました。
 一着は、ピンクの繻子地(しゅすじ)の端布にピンクのレースをあしらい、肩ひものついたドレス。後ろ身ごろにスリットを長く入れ、あでやかに仕上げました。
 もう一首は盛夏用。白いレースのボレロに水玉模様のフレアスカートと、さわやかな組み合わせです。
 3着目は浴衣。綿の水色の生地を選び、継ぎ目は腰揚げ風にしました。たもとは元禄袖、帯は朱色の羽二重の布で貝の口むすび。帯は面ファスナーで留めるようになっており、適当な肩揚げでいっそう愛らしくなりました。
 3着とも、きちんとできました。みことちゃんからは「ありがとう」と、お礼状が届きました。
 「こんなドレスがいいかな」 「あんなドレスはどうだろうか」と理想を思い描いたり、空想を交えたり。思いつくままにリカちゃんのファッションで遊びました。うれしい数日をみことちゃん、ありがとう。秋にはケープを作りましょう。
 (山形市_鏡チヱ子_無職_96歳)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 96歳の鏡チヱ子さんに拍手です。
 専門的?な言葉が多く、
 恥ずかしながら…
 繻子地(しゅすじ)とか…
 元禄袖(げんろくそで)とか…
 よくわかりませんでした。
 市販品にはない、
 特別仕立てのリカちゃんは、
 さぞ愛らしいことと想像しました。
      ■         ■
 96歳になられても…
 理想を思い描いたり
 空想を交えたり
 できることが、
 健康で長生き
 秘訣なのだと思います。
 次のケープは、
 どんなに素敵なことでしょうか。
 いつまでもお元気で、
 リカちゃんとお遊びになってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ