昔の記憶

まぶしかった年賀状

 平成25年1月11日、朝日新聞朝刊、
 『ひととき』への投稿です。
 「久しぶり! 元気? 私は元気だよ また会いたいね♪」
 友達から送られてきた1通の年賀状に驚いた。そして、うれしい気持ちが込み上げてきた。
 幼いころ、父の仕事の都合で何度も引っ越した。幼稚園は三つ、小学校は二つ通った。
 仲の良い友達と離ればなれになるのが嫌だった。「幼稚園時代からの友達」が、すごくうらやましくなることもあった。引っ越してしまうと、なかなか再会できるものではない。連絡も取れないことの方が多い。
 それが今年、幼稚園のころの友達から年賀状が届いた。差出人の名を見て、本当に驚いた。数年間、連絡さえ取っていない友達から、送られてくるなんて思いもしなかった。書かれた文章はいたって簡単なものだったが、私にとっては涙が出るくらいまぶしかった。
 わざわざ年賀状をくれたことがうれしかった。自分のことを覚えていてくれたことがうれしかった。そして何よりも、たとえ距離が離れていたってつながっているよと、この年賀状に教えられた気がした。
 たった1通の年賀状だけど、私たちはつながれる。
 (千葉県我孫子市 石井萌々香 高校生16歳)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 この投稿を読んだ時、
 20代か30代の女性かなぁ~
 …と思いました。
 最後まで読んで…
 16歳の高校生とわかり…
 すごい高校生だなぁ~
 …と思いました。
      ■         ■
 自分の子どもを含めて…
 今の若い人は年賀状を出しません。
 ケイタイがあるし…
 Lineもあるし…
 FaceBookもあります。
 通信手段にこと欠きません。
      ■         ■
 私が奥さんと知り合ったのは…
 札幌美容形成外科の下の雪印パーラーです。
 思い出の場所
 …という2007年6月28日の院長日記に書いてあります。
 知り合ってすぐに…
 ♡LOVE♡ラブ♡
 …だったのではありません。
      ■         ■
 数年間は…
 年賀状のやり取り程度はする関係でした。
 今だったら…
 メルアド変更をしたら…
 アドレスが変わりました
 …と知らせる程度でしょうか?
 そんな程度でした。
      ■         ■
 年賀状のやりとりがなかったら…
 おそらく結婚することはなかったと思います。
 私たちはよく夫婦喧嘩をします。
 だから…
 年賀状を出したことが…
 よかったのか悪かったのかはわかりません。
 ただお世話になったのは事実です。
      ■         ■
 投稿者の女子高生のように…
 私の子どももたくさん転校をしました。
 上の子は…
 3つの幼稚園と、
 2つの小学校に通いました。
 幼稚園や小学校時代の友人はいないようです。
      ■         ■
 投稿者の女性は、
 高校生なのに新聞を読んで…
 『ひととき』に投稿なさって…
 とてもしっかりとした文章を書いていらっしゃいます。
 立派な高校生だと思います
 この『ひととき』を読ませていただき、
 朝からいい気分でした。
 これからも元気で勉強をつづけていただきたいです。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ