医学講座

粉瘤(ふんりゅう)の手術2013⑤

 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 耳の後ろはやっかいでしょうか?
 父の背中はしぼってもすぐ膨らみます。
 化膿しないかぎり
 死ぬことはないですよね?
      ■         ■
 繁忙期でお忙しいのに…
 毎日コメントをいただきありがとうございます。
 露地さくらんぼは7月でもあるのですね。
 太陽をいっぱい浴びて…
 美味しそうです。
 毎日大変でしょうががんばってください。
      ■         ■
 粉瘤は化膿しても…
 適切に処置をすると死ぬことはありません。
 人喰いバクテリアとか…
 劇症型溶連菌感染症という…
 恐ろしい菌に感染しない限り…
 命にかかわることはありません。
 人食いバクテリアで悪化した感染性粉瘤を…
 一例だけ救命救急センターで診たことがあります。
      ■         ■
 人食いバクテリアは、
 2012年2月25日の
 第83回日本形成外科学会北海道地方会①
 …に書いてあります。
 ふつうの人は粉瘤が感染しても死ぬことはまずありません。
 免疫能が低下した人。
 免疫抑制剤を内服している人など…
 特別な状態でなければ大丈夫です。
      ■         ■
 こわいのは誤診です
 私を札幌医大から追い出してくれた皮膚科教授は、
 顔の悪性リンパ腫を感染性粉瘤と誤診しました。
 大学教授は名医?
 解雇通告と就職活動
 信じてはいけないクリニック①
 …を読んでください。
      ■         ■
 赤く腫れた腫瘍を…
 感染性粉瘤と誤診する例は他にもあります。
 悪性腫瘍の転移を
 頚部の感染性粉瘤と誤診して訴訟になった例もあります。
 穴からにょろにょろが出ているのは誤診しませんが、
 赤く腫れた腫瘍は誤診例があります。
      ■         ■
 耳の後ろの粉瘤は…
 自分ではなかなか見えないためか…?
 再発を繰り返す人がいます。
 あまり大きくなることはめったにありません。
 ピアス孔に粉瘤ができることもあります。
 たかが粉瘤でも注意してください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ