医学講座

肌のはりと傷の目立ちかた

 私たち形成外科医にとって…
 いかに傷を目立たなくなおすか…?
 とても難しいテーマです。
 美容外科で縫ったから…
 傷が無くなるのではありません。
 傷を目立たなくするノウハウは…
 美容外科より形成外科です。
 キズは残りますか?に書きました。
      ■         ■
 子どもさんの手術時期
 脂腺母斑の手術時期
 頭がやわらかいうちに
 …でご紹介したように…
 同じ部位の手術をしても…
 3~4歳児と…
 思春期では傷の目立ち方が違います。
 傷の経過
 …という2011年10月25日の院長日記に書きました。
      ■         ■
 同じように手術をしても、
 キズが目立つ人がいます。
 一番厄介なのが、
 思春期の子供さんです
 一番きれいに治してあげたいのに…
 キズが目立ちやすいです。
      ■         ■
 部位による差もあります。
 ケロイドの好発部位といわれる、
 胸の谷間、
 お臍の下など、
 どんなに丁寧に手術をしても、
 キズが目立ちます。
 キズが目立ちやすい部位に書いてあります。
      ■         ■
 肌のはりは…
 大人と子どもで違います。
 私のように骨と皮しかないじじいは…
 しわしわです。
 人にもよりますが…
 傷はキレイになおります。
      ■         ■
 若い人の肌には張りがあります。
 何もつけなくても…
 皮膚はぴーんとしています。
 手術後にしっかり管理をしないと…
 傷が目立ちやすい年齢です。
 美容外科の傷が目立たないのは…
 目立ちにくい部位を切るからです。
      ■         ■
 目立つ部位の傷を目立たなくするには、
 まず傷に緊張をかけないことです。
 傷が落ち着くまで3ヵ月はかかります。
 特に最初の1ヵ月くらいの間は、
 傷に緊張をかけないように…
 肌色のサージカルテープを貼ります。
 最近は目立たないテープも販売されています。
 とにかく傷の安静を保つことが大切です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ