医学講座

加齢を治す④

 年齢とともに気になるのがしみです。
 うちの奥さんは、
 結婚した時(24歳)から…
 左頬にしみがあったようです。
 私はまったく気付きませんでした。
 本人はとても気にしていたようです。
      ■         ■
 いいものを安く
 健康保険で治せるものは保険診療
 …という方針の札幌美容形成外科でも、
 しみの治療は保険ではできません。
 あたりまえといえば当たり前のことです。
 厚生労働省からの通達です。
      ■         ■
 J 054-2 皮膚レーザー照射療法
 ◇皮膚レーザー照射療法について
 (1)単なる美容を目的とした場合は算定できない
 K 009 皮膚剥削術(ひふはくさくじゅつ)
 ◇皮膚剥削術(グラインダーで皮膚を剥削する手術)は、小腫瘍、丘疹性疾患および外傷性異物の場合に算定する。
 なお、単なる美容を目的とした場合は保険給付の対象とならない
 …と規定されています。
      ■         ■
 つまり単なる美容を目的とした場合は保険は使えません
 …という規定です。
 ごもっともです。
 ところが…
 D 282-4 ダーモスコピーには、
 ◇ダーモスコピーは、悪性黒色腫、基底細胞癌、ボーエン病、色素性母斑、老人性色素斑、脂漏性角化症、エクリン汗孔腫、血管腫等の色素性病変の診断の目的で行った場合に、初回の診断日に限り算定する。
 …と規定されています。
      ■         ■
 この老人性色素斑というのが、
 うちの奥さんに24才の時にあった『シミ』です。
 なんとも不名誉な名前です。
 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)も…
 ふつうの人が見ると『しみ』に見えます。
 しみを正確に診断して治療するのは、
 しみ治療を得意とする医師にも難しいものです
 今はダーモスコピーという…
 とても便利な診断機器ができました。
 札幌美容形成外科にもある高性能の拡大鏡です。
      ■         ■
 うちの奥さんの『しみ』は、
 Qスイッチルビーレーザーというレーザーで治しました。
 最近また気になるというので…
 レーザーで治しました。
 高性能のUVカットテープのおかげで、
 前より照射後が楽だったようです。
      ■         ■
 加齢によってできたシミは治したいものです。
 新聞広告に大きく出ている、
 いろいろな化粧品では取れません。
 化粧品で白斑になっても困ります。
 しっかりとした皮膚科や形成外科にかかって、
 診察料を払って診ていただいてください。
 しみの診察は保険で受けられます。
 無料カウンセリングの美容外科や美容皮膚科は避けてください
 悪性黒色腫を誤診されると命にかかわります。
 先生やクリニックを選んでかかってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ