院長の休日

もう一枚着たら

 今日は2014年10月5日です。
 札幌は気温が下がってきました。
 朝起きた時、
 室温は20℃程度です。
 寒がりの私は、
 寒い寒いを連発。
 暖房を入れたいなぁ~
 …と思いながら、
 奥さんの目を恐れて入れられません。
      ■         ■
 関西生まれの奥さんと、
 私の体感温度が違います。
 職場でも、
 体感温度が違う人と同じ部屋だと、
 いろいろ大変なことが多いです。
 私は暑がりで
 寒がりです
 苦労しています。
      ■         ■
 病院というところは、
 患者さんが裸になったり、
 薄い術衣一枚で、
 手術や検査を受けるところです。
 基本的に、
 薄い術衣一枚で、
 寒くないように温度調節をします。
      ■         ■
 私が医師になったのが1980年です。
 当時、北海道の病院には、
 病室に暖房はあっても、
 冷房はありませんでした。
 手術後の回復室など、
 限られた部屋にだけ、
 エアコンがついていました。
      ■         ■
 一番空調が完備されていたのが、
 病院の手術室でした
 暑すぎず、
 寒くなく、
 快適な温度を保っていました。
 私が手術室が好きになったのは、
 この快適な温度のためもあります。
      ■         ■
 今年は大変な年です。
 電気料金値上げ
 リッター100円以上する灯油
 …のために、
 家では寒くてもがまんの生活です。
 奥さんには、
 寒いんだったら
 もう一枚着たら?
 …と言われます。
 もう一枚着ても寒いので、
 今年はもう2枚着ることにします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ