医学講座

第23回基礎学術集会(松本)②

 今回の基礎学術集会には、
 松尾清会長の強い思いが込められています。
 その一つがリンパです。
 あまり知られていませんが、
 リンパ浮腫という病気があります。
 下肢が片方だけ、
 ぱんぱんに膨れる病気があります。
 放射線治療の後になることもあります。
      ■         ■
 リンパというと、
 リンパ節を思い浮かべます。
 リンパ管という細い管があります。
 肉眼で見てもわかりません。
 私も今日まで知らなかったのですが、
 リンパ管には、
 平滑筋という筋肉があり、
 心臓のように収縮するのだそうです。
      ■         ■
 東京大学形成外科の光嶋教授は、
 このリンパ管手術の権威です。
 スーパーマイクロという、
 細かい特殊な技術で、
 リンパ管の手術をなさいます。
 今までは、
 リンパ管吻合の手術をしても、
 なかなか良い結果が得られませんでした。
      ■         ■
 大島先生の研究と、
 光嶋先生の手術で、
 リンパ浮腫の患者さんが、
 劇的によくなっていました。
 形成外科とリンパは、
 関係が薄いように思われますが、
 リンパ管移植の技術は、
 形成外科のマイクロサージャリーです。
 学会が終了して、羽田経由で札幌に帰ります。
 モノレールから更新します。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ