医学講座

全治○週間の治療を要す

 東京から来ていた私の叔父が、
 札幌市内で交通事故に遭いました。
 下腿の骨が折れて、
 腫れています。
 かわいそうです。
 私の両親と温泉に行く予定が、
 すべてだめになりました。
      ■         ■
 手術をするほどではないので、
 副木(シーネ)をあてて、
 東京に帰ることになりました。
 車椅子なら移動できますが、
 歩くことはできません。
 新千歳空港までの移動も大変です。
      ■         ■
 事故を起こした加害者の方は、
 奥さんといっしょに謝りに来てくれました。
 被害者の叔父以上に、
 憔悴しているようです。
 交通事故は、
 被害者も、
 加害者も大変です。
      ■         ■
 困っているのが診断書です。
 警察署からは、
 札幌で診断書をもらってください。
 事故の調書を作成しなくてはなりません。

 …と言われています。
 高齢の叔父夫婦は、
 整形外科、
 脳神経外科と受診し、
 ぐったり疲れています。
      ■         ■
 整形外科の病院からは、
 東京でCT検査もして、
 よく検査してから、
 診断書を発行してもらってくださいと言われました。
 脳神経外科の先生からは、
 数ヵ月後に、
 必ず再検査を受けてください。
 紹介状を東京の病院に書きます。
 …と言われました。
      ■         ■
 このような症状では、
 どんな名医でも、
 全治○週間の治療を要す
 …という診断書は書けません。
 事故処理に診断書が必要なのはわかります。
 診断書で行政処分の程度も変わります
 はっきり言って、免停か免許取消かが変わります
 医師の診断書は、
 安易に全治○週間とは書けません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ