医学講座

医者を出身大学で選ばない

 昨日の院長日記、
 医師国家試験合格発表2016の続きです。
 毎年3月になると、
 予備校の広告が目に付きます。
 入試で
 最難関
 と言われているのは、
 東大理Ⅲ
 京大
 慶応
です。
 入試の難易度と医師国家試験合格率は相関しません
 国家試験合格率といいお医者さんかどうかも関係ありません
      ■         ■
 東大出身の先生が悪いというのではありません。
 私が卒業した札幌医大は、
 北海道が設立した北海道女子医専が前身です。
 今も公立大学法人です。
 全国の国公立大学医学部の中では、
 もっとも偏差値が低い大学でした。
 私が入学した1974年は、 
 医師国家試験合格率が全国最低の60%台でした
      ■         ■
 一般の人が知っている大学のランクは、
 予備校の広告に出てくる有名大学です。
 北海道だと、
 北大(医)が最難関です。
 でもちょっと考えてください。
 最難関の大学を出たら、
 そのお医者さんが、
 名医で
 腕が良くて
 優しい
 …とは限りません。
      ■         ■
 中学や高校の同級生を思い出してください。
 有名大学に行った○○君
 頭は良かったけどぉ~
 変わってたなぁ~
 クラスの行事には参加しなかったなぁ~
 掃除当番もさぼってたなぁ~

 …というような医者もいます。
 偏差値の低い私大医学部だから、
 悪いお医者さんではありません。
      ■         ■
 私は形成外科医を35年以上しています。
 毎年学会に出席して勉強しています。
 日本形成外科学会に出席して思うことは、
 入試の難易度と、
 いい手術をしている大学かどうか?は、
 まったく関係ないということです。
 特に広告に大きく派手に出身大学を書いている先生は、
 要注意です。
      ■         ■
 お医者さんを選ぶのは難しいです。
 理想の彼を選ぶのと同じです
 なかなか理想の彼も見つからないし、
 理想のお医者さんも見つかりません。
 私のような偏屈でがんこな医者でも、
 頼っていらしてくださるのはありがたいことです。
 還暦を過ぎてもがんばっている理由です。
 お医者さんを出身大学で選ばないでください
 18歳の時に勉強ができただけです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ