医学講座

小陰唇肥大は外国人も困ってます

 札幌美容形成外科で多い手術が、
 小陰唇縮小手術です
 女性は、
 他人と比較することはありません。
 でも、
 ネットで検索するとたくさん出てきます。
 他人と比較すると…
 でかい
      ■         ■
 米国形成外科学会誌にも、
 小陰唇縮小手術のことが掲載されます。
 Labia Minora Reduction: A Growing Female Need
 2016年6月の
 Plastic & Reconstructive Surgeryの論文です。
 日本語に翻訳すると、
 小陰唇縮小手術:高まる女性のニーズ
 あまり上手な訳ではありませんが、
 こんな内容です。
      ■         ■
 マンガページ37
 他人に打ち明けづらい体の悩み
 足を閉じた状態での陰部のはみだし部分が大きいため、
 和式トイレで用を足すときに尿が飛び散り不潔になる、
 下着がこすれて痛みが出る、
 炎症をくりかえすため黒ずんでしまうなどの問題点があります

 悩んでいても解決しません。
      ■         ■
 性器の手術_男女差
 …に書いたように、
 女性小陰唇肥大は、
 痛かったり、
 かゆかったりすることがあります。
 中には保険適応にしてあげたいと思うほど、
 重度の小陰唇肥大もあります。
 いわゆる小陰唇肥大ではなく、
 恥骨部分から、
 会陰部まで肥大している患者さんもいらっしゃいます。
      ■         ■
 どんなに重度の肥大でも、
 女性の手術は、
 健康保険に手術点数がありません
 お母さんが心配するような状態でも、
 保険点数がない手術は、
 公立病院ではできません。
 かと言って、
 中学生の女の子に
 美容外科で手術を受けてくださいも言えません

 女性国会議員の方にお願いします
 (医師免許を持った男性国会議員にもお願いします
 将来は保険点数に、
 女子外性器縮小手術を入れてください。
 困っている女性がたくさんいらっしゃいます。 
0912-1

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ