医学講座

東急ハンズ2018年4月移転

 平成29年8月1日、北海道新聞朝刊の記事です。
 東急ハンズ2018年4月移転 さっぽろ東急上層階で調整
 東急グループの生活雑貨大手、東急ハンズ(東京)と東急百貨店(同)は7月31日、東急ハンズ札幌店(札幌市中央区南1西6)をさっぽろ東急百貨店(同北4西2)内に移転オープンする時期を、来年4月をめどとすることを正式に決めた。さっぽろ東急の上層階に入る方向で最終調整している。
 両社は、交通の便が良いJR札幌駅前にグループ店を集約することで集客力を高めるため東急ハンズ札幌店を移転する方針を固め、移転時期や売り場の面積などを詰めていた。
 ハンズの売り場は、さっぽろ東急の上層階の1フロア(約3200平方メートル)全体を使う方向で、現在は子供服売り場がある8階を軸に調整している。ハンズの集客力を生かして来店客に上層階まで足を運んでもらい、下の階への買い回りを促す「シャワー効果」を狙う。ハンズの売り場面積は現在(約9千平方メートル)より縮小となり、家庭用品や文具など両店で重なる商品の扱いは今後検討する。移転後の営業時間やハンズの現店舗の営業終了日は未定。
 ハンズの移転に向け、さっぽろ東急は正月商戦が一段落する来年1月下旬ごろから店内の改装を始め、受け入れ準備を本格化させるもようだ。全国の百貨店で売り上げが伸び悩む婦人服を中心に衣料品売り場を縮小し、他階の売り場や商品構成も見直すとみられる。
 東急ハンズは国内外72店舗(7月31日現在)を展開し、このうち東急百貨店内に店が入るのは町田東急ツインズ(東京)と、たまプラーザ店(横浜市)に次ぐ3カ所目。札幌店は1998年3月に開業し、来春で20年を迎える。移転後の建物の活用については未定。
20170122-1

(以上、北海道新聞より引用)


      ■         ■
 東急ハンズ札幌店が札幌駅前に移転
 2017年1月22日の院長日記でご紹介した、
 東急ハンズ札幌店の移転です。
 東急ハンズが札幌駅前に移転するのは、
 札幌で商売をするなら
 札幌駅前だからです

 北海道は景気が悪いです。
 2017年4月に美容外科が2店閉店しました。
      ■         ■
 札幌の百貨店売上が、
 定期的に新聞で報道されます。
 一番最後に開業した
 大丸札幌店の一人勝ち
 …と言われています。
 私が結婚した頃には、
 札幌鉄道管理局があった場所に大丸札幌店ができました。
      ■         ■
 関西人のうちの奥さんですら、
 大丸が札幌に進出するのに、
 あんな場所でお客さんが来るの?
 …と言っていました。
 それが、
 千客万来
 北海道一の売上です。
 札幌で商売をするなら、
 さつえきです。
      ■         ■
 札幌駅前には、
 ニトリさんも開店しました。
 札幌駅と大通の間の、
 地下歩行空間の開通の影響です
 札幌で人の流れが変わりました。
 札幌駅前通り周辺のビルがすごい人気です。
 空室がありません
 開業は場所が命です。
 札幌美容形成外科は建物明渡訴訟で勝訴して、
 現在地で診療を続けます

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ