医学講座

第40回日本美容外科学会(札幌)②

 学会会場での会長あいさつではなく、
 蘇春堂形成外科の手術室からの手術ではじまった、
 第40回日本美容外科学会(札幌)は充実した内容です
 学会会場と手術室が中継されています。
 嘘やごまかしはできません。
 100%生で手術がわかります。
      ■         ■
 昨日(2017年9月28日木曜日)は、
 午前と午後の2回、
 手術の中継(ライブサージャリー)がありました。
 両方とも目の手術です。
 同じようにCO2レーザー炭酸ガスレーザーを使う手術です。
 お二人の先生が手術を披露してくださいました。
 興味深いのは、
 同じようにまぶたを切る手術ですが、
 麻酔方法も
 切る方法も
 微妙に違います。
      ■         ■
 もっと興味深いのは、
 使う糸の種類も、
 お二人の先生でまったく違います。
 夜には会員懇親会がありました。
 学会長の野平久仁彦先生があいさつで言われました。
 手術後の大きなトラブルは、
 学会直後によく起きることがある

 なるほどと思いました。
      ■         ■
 学会で手術を見て、
 さあ手術をやるぞ
 …と新しい方法で手術をはじめても、
 ×ありゃりゃ
 ×どうしたことだ
 ×うまくできない

 …ということがあります。
      ■         ■
 学会で偉い先生がやっていた手術を、
 自分もやろう
 …と思ってやっても、
 失敗するこがある
 …という先人の教えです。
 偉い先生も、
 手術方法は毎年変わっています。
 懇親会で実際の苦労を話すと、
 よりよく手術が理解できます。
 学会に参加する意義がそこにあります。
 野平久仁彦先生ありがとうございました。
 とても勉強になった2日間でした。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ