二重・眼瞼下垂

第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)④

 第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)①
 第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)②
 第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)③
 …の続きです。
 今日の札幌はいい天気です。
 復興支援のためにぜひ北海道にいらしてください。
 第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
 …も予定通り予定通り2018年10月11~12日に
 京王プラザホテル札幌で開催されます。
      ■         ■
 眼瞼の手術は、
 形成外科と眼科のコラボが大切だと私は思います。
 できれば美容外科の先生も、
 日本眼窩疾患シンポジウムに参加していただきたいです。
 とても勉強になります。
 まぶたの機能や、
 目の機能を再認識できます。
      ■         ■
 形成外科が得意とするのは、
 見ばえのいい目です。
 80歳を過ぎた方でも、
 ただ開くだけの目より、
 素敵な目がよろこばれます。
 眼科の先生も、
 少しでも美しい目を作るために、
 学会に参加して勉強されています。
      ■         ■
 形成外科が手術をしても、
 美容外科が手術をしても、
 眼科が手術をしても、
 避けて通れないのが、
 左右差
 重瞼線の消失
 …です。
 患者さんからのクレームになります。
      ■         ■
 せっかく痛い思いをして手術を受けるのだから、
 少しでも見た目がいい目になりたいのは、
 女性も
 男性も
 若い人も
 高齢者も
 みんな同じです。
 そのために日々努力して研究しています。
 明日の院長日記でもう少し勉強したことを書きます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ