医学講座

電気・ガス料金の単価

 今日は2019年7月30日(火)です。
 札幌もさすがに7月下旬は暑いです。
 東京は梅雨が明けて猛暑になったと朝のTVで放送していました。
 今日の札幌の予想最高気温は33℃、
 東京の予想最高気温は34℃です。
 エアコンを使わなくては仕事になりません。
 クリニックにエアコンは必須です。
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 都市ガスの空調システム
 …の続きです。
 これから開業される先生への助言です。
 私の貴重な体験からの、
 開業マニュアルに書いていない、
 開業コンサルタントが教えてくれない情報です。
      ■         ■
 開業場所を考える時に、
 一番気になるのが、
 家賃です。
 どんなにいい立地でも、
 収入に見合わない家賃は払えません。
 共益費も気になります。
 ふつうの不動産情報には、
 ここまでは書いてあります。
      ■         ■
 不動産の賃貸契約をする際に、
 仲介業者が義務付けられている、
 重要事項説明
 宅地建物取引業の運転免許証のような証明書を見せて、
 不動産業者が説明してくれます。
 ふつうの先生はここで安心します。
 電気やガスの単価までは気にしないと思います。
      ■         ■
 ところが、
 大切なのが毎月の電気料金です。
 夏にエアコンをフル稼働させると、
 目の玉が飛び出るほどの電気料金かかるビルがあります。
 電気料金は、
 電力会社が大家さんに請求する金額より、
 多く請求されるビルがあります。
 私はオーナーが変わって、
 電気料金とガス料金が上がりました
      ■         ■
 もともとスノー会舘ビルの時代は、
 雪印パーラーが北電から一括受電して、
 各テナントに料金を請求してくれていました。
 電気料金の上乗せはありませんでした。
 私はこれがあたり前だと思っていました。
 ところがオーナーが変わると、
 電気料金やガス料金が変わりました。
 最後に払っていた光熱費は、
 雪印パーラーの時代よりずっと高くなりました。
      ■         ■
 毎月かかる電気料金は大変です。
 テナントの賃貸契約をする際には、
 電気料金やガス料金のことを気にしてください。
 できれば、
 賃貸契約書に書いてもらうといいです。
 苦労した本間先生からのアドバイスです。
 これから開業する先生は参考にしてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ