昔の記憶

大浦憲子様の想い出②

 私が結婚したのは、
 研修医2年目の7月でした。
 家内が住んでいたのは、
 兵庫県西宮市です。
 自宅から通勤していました。
 私26歳、家内24歳でした。
 若かったです。
      ■         ■
 昔は、
 教室の教授に仲人をお願いするのが常識でした。
 私より上の先輩は、
 全員、大浦武彦先生ご夫妻が仲人です。
 今の若い先生はわかりませんが、
 私が北大に在籍したいた頃は、
 私も下の先生の結婚式に招待されていました。
      ■         ■
 結婚式の前に、
 大浦先生お宅にごあいさつに伺うのが通例でした。
 私の場合、
 家内も仕事をしていたので、
 家内が札幌に来れる日に合わせて…
 大浦先生のお宅におじゃましました。
 家内はとても緊張していました。
      ■         ■
 笑顔で迎えてくださったのが
 大浦憲子夫人でした
 憲子夫人は…
 とてもよく気がつく方でした。
 私も気がつく方ですが…
 私の数倍、いや数十倍も気がつく奥様でした。
 玄関を入ると、
 よい香りがしました。
      ■         ■
 私が札幌美容形成外科で、
 よい香りのおもてなしをしているのは、
 実は大浦憲子夫人のマネです。
 よい香りは、
 緊張を和ませてくれます。
 最初は緊張していたのに…
 大浦夫人のおもてなしでリラックスしました。
      ■         ■
 居間に案内され、
 出していただいたのが桜湯(さくらゆ)でした。
 ピンクのきれいな桜の花が、
 茶碗の中で開いていました。
 私はそれまで見たことがなく、
 おそらく家内もはじめてだったと思います。
 大浦先生のお宅で、
 お互いのことや家族のことなどをお話ししました。
      ■         ■
 大浦憲子様は、
 私たち夫婦の人生の師です。
 いろいろなことを教えていただきました。
 美味しい調味料を教えていただき、
 今もわが家の味となっています。
 今日は奥様のお通夜です。
 謹んでご冥福をおいのりいたします。
 ありがとうございました。

20131122

“大浦憲子様の想い出②”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    素敵な奥様でしたね。桜湯はおめでたい席でよくだされますよね。 大浦先生の奥様だからできたのですね、 私は気持ちの余裕もないので そのようなおもてなしはできませんが、少しでも近づけるようになりたいものですね。。毎日せかせかして働き 妹からも病気が悪化して入院しないでね、といわれたばかりです。

  2. なっちゅん より:

    私は本間先生にラベンダーの爽やかな香りでのおもてなしを受けました。
    そして何より清潔感が漂ってました。
    先生のお人柄が忍ばれます。

    私事ですが、桜湯で人前式をあげたのに、今は幸せを感じません。

    iPhone代9000円、父の年金から出して貰うことで一応解決し、本日書き込みさせて頂いています。
    でも無心は続くことでしょう。
    ほのめかしていました。

    父から外車を購入してもらってのに…
    それだけでもありがたいと思って欲しいです。

    それに以前生活費をもらっていましたがもう3ヶ月間出して貰っていません。
    姑が給料をを握り、主人もそれに賛同してしています。
    それが悔しいです。
    話し合いをしようとしても、激高されます。
    なので自分の思うことを言えなくなりました。

    今年になって母が倒れてから、関係がおかしくなりました。
    認知症の父も激怒してますが、離婚は我慢だと言われました。
    結婚しても親不孝をしています。

    友人4人に相談すると一同に自分なら離婚を考える、辛抱強いと言われました。
    でも人生やり直すには不安材料が多すぎます。

    私も50歳ですし、認知症の父を動かすと益々進むし、母は気管切開で胃瘻をしてます。
    母のディサービスの事故の裁判で一年はかかることでしょうし。

    その上1人っ子の私…全て私がしなければ…
    頼る友人は札幌。
    孤独です。

    メンタルの先生に主人と上手くやっていきたいので
    従う。
    と言ったら「代償が大きすぎる」と言われました。
    どういう意味だったのでしょうか?
    聞くのを忘れました…

    心が壊れかけています。

    長々とすみません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ