昔の記憶

職を失って13年

 人生にはいろいろなことがあります。
 解雇通告と就職活動
 私は2002年3月7日木曜日21:00に、
 札幌医科大学医学部長室に呼び出されました。
 神保孝一医学部長から解雇通告を受けました。
 公務員なので…
 辞めろとは言えません。
 周到に準備された、
 本間追い出し計画により、
 形成外科医局の女医さんが文章を準備していました。
      ■         ■
 48歳で職を失いました。
 ちょうど13年前の今頃、
 札幌医大医学部で医学部長選挙が行われていました。
 皮膚科教授の神保孝一が、
 医学部長に再選を狙っていました。
 神保孝一のことを、
 ことごとく嫌になっていた私は、
 対立候補を応援していました。
 神保が再選されたら、
 自分が辞める決意をしていました。
 残念なことに神保孝一が再選されてしまいました。
      ■         ■
 いろいろな人に助けていただき、
 私は中央クリニック札幌院の院長に就任できました。
 美容外科のこと、
 経営のこと、
 広告のこと、
 たくさんのことを教えていただきました。
 私をどん底から拾ってくださった、
 中央クリニックの社長様には、
 ほんとうに感謝しています。
      ■         ■
 あれから13年が経過しました。
 私は還暦を迎えました。
 私の人生で、
 一番大きな仕事は何だったかを考えると?
 それは内部告発だったと思っています。
 私が札幌医大に形成外科をつくりました
 2013年10月7日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 私は自分が札幌医大に戻って、
 いつか教授になってやろうとか、
 そんなことは一切考えませんでした。
 でも…
 絶対に札幌医大に形成外科を創る
 強い決意と意思で画策しました
 私の人生で一番大きな仕事です
      ■         ■
 朝日新聞とNHKのご協力で内部告発をして
 札幌医大医学部長の神保孝一を減給3ヵ月の処分にしました
 大学もようやく重い腰を上げて、
 形成外科教授の公募をはじめました。
 私が札幌医科大学に形成外科をつくりました
 私の生涯で一番の仕事です。
 【追い出された】ことで私の人生は変わりました。
      ■         ■
 私の内部告発は、
 医師名義貸し事件です。
 私が朝日新聞に資料を提供しました。
 札幌医大だけではなく、
 全国で名義貸しが行われていました。
 病院に対する医師名義貸しは、
 私の内部告発を契機としてほぼ無くなったと思います。
 私のために無くなった病院もあります。
 無くなった病院からは、
 うらまれていると思います。
 これも私の人生です。
 残された期間がどのくらいあるかわかりませんが、
 自分に正直に生きていこうと思っています

“職を失って13年”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    形成外科を作った事だけではなく、内部告発されたんですね。
    今更ですが、あー気分いい(笑)
    私も母を死に追いやり、事故を隠蔽するデイサービスをなんとかしたいです。
    母の死に対して、デイの代表が死んでくれてやれやれだと言ったそうですから。
    田舎なので情報が入って来ました。
    憤怒の怒りです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ご愁傷様です。心からご冥福をお祈りいたします。お怒りはごもっともで私も怒っています。なんとかしたいですね。

  2. まみ子 より:

    自分に正直に生きていく先生は御立派だと思います。

  3. さくらんぼ より:

    私は そんな事があったとは知らず荻野先生の件でメールしました。何人かにメールしましたが、親身にメールの返信を返して下さったのは本間先生だけでした。 今 テレビでコンスタンチン君の事映ってます。 形成外科という科があることも先生のブログで知りました。

  4. さくらんぼ より:

    札幌医科大故金子教授も映ってます

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    金子正光教授は胸部外科の先生だったので、実際にはコンスタンチンちゃんの手術には加わっていません。サハリンから航空機(YS11)で搬送したのは、現在岡山大学救急の氏家良人先生と形成外科の畠先生らです。阿部清秀先生がコンスタンチン君を救ったのは事実で、だから阿部先生が旭川へ移られたら旭川赤十字病院まで行って治療を受けていました。

  5. さくらんぼ より:

    札幌医科大しか映らなかったですが、コンスタンチン君は今28才で10才の男の子のお父さんになってました。 皮膚は寒いと引きつる程度でイケメンになってました。 日本の熱傷、火傷の技術は素晴らしいですね

  6. ファーマ より:

    初めまして、今回胸部外科の解雇問題で先生のことを知りました。
    この事実に驚いています。
    神保先生は私も昔面識がありました。
    従いまして、本間先生とも知らないところですれ違っていたかも知れないです。医局内は外の常識が通用しないところであることは十分わかっていました。そんなことがあり私も昔退職しました。
    でもその非常識の常識に反旗を翻した先生に拍手を贈りたいと思います。

    何十年か振りにまた、私に理不尽な事件が起きました。
    今回は子供が会社に言われるままに、人脈を使いH大学からのツールを作ったにも関わらずパワハラで追い込んで解雇されました。
    そこで今度はこちらも反撃しようと思います。
    手段はいろいろあると思います。
    そこでマスコミを利用した手段の方が有効的ではないかと思いますが、如何でしょうか?
    つてはないですが、頑張ってみようと思います。

    昔と違い形成外科はメジャーになりました。
    今後の先生のご活躍応援します。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ご子息にとっては残念なことですね。マスコミもいいネタを探しています。私が最初に伝えたのは名義貸しではありませんでした。新聞記事にするには明らかに法律違反をしていて、それを裏付ける証拠も必要です。大学の偉い先生には世間に知られてはまずいことがたくさんありますね。ある製薬メーカーの論文偽造問題などはその一つで氷山の一角だと思います。間違っていることを間違っていると声に出して言える世の中にしたいですね。

  7. sharry より:

    初めまして。神保皮膚科を検索していてここがヒットしました。阿部先生が形成におられた時に経験もない皮膚科教授がいつまでも兼任していることに疑問を持っていました、明らかに自分の覇権のため?と外から見ていました。
    娘がアトピーでクラビットを何週間も服用しているというのでどこの皮膚科か聞いたら神保皮膚科。元教授ですし最新の医学的見地からの新しい治療かと初めは思ったのですが疑問に感じ聞いたらニキビに投与。客観的に見てニキビは軽度です。明らかに基本を知らないもうけ主義と思いました。
    非常に評判で娘はその評判で通院していたらしいですが。耐性菌の事を考えると恐ろしいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私の人生で一番のできごとは医師名義貸事件の内部告発です。朝日新聞とNHKのおかげで全国から医師名義貸が無くなりました。ニキビにクラビットを何週間も内服はどうでしょうか?よくならないのでしたら他の皮膚科を受診することをおすすめします。悪性リンパ腫に抗生剤を投与していたこともありました。

  8. スタバ より:

    突然、失礼します。
    急に悪性黒色種の宣告を受けましたが
    信用できず納得できません。
    違う病院で見てもらったら違う結果が出ることはありますか?あまりにも信用できない病院なので、転院しますが、診断書の差し替えとか無いかなどかなりいきすぎた心配をしています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    悪性黒色腫で通院で手術をするのは常識では考えられません。ぜひセカンドオピニオンを求めることを強くおすすめします。市立札幌病院形成外科の吉田哲憲先生、皮膚科でしたら円山公園の小泉皮膚科クリニックをおすすめします。

  9. スタバ より:

    返信ありがとうございます。
    直径3、4ミリの黒子が3年くらい前に出来て、ずっと気になっていたのですが、ある日、色や表面が違う風に見えたので、ダーモスコープで診てもらったところ、怪しいのでとったほうがいいということでz型に切除しましたが、以前、同じような場所を形成外科でやってもらった時はもう少し範囲が広かったにもかかわらず、手早く、術後もスムーズに終わったので、今回も大丈夫だと思っていたら、その皮膚科は手際が悪く?(z型だからなのかわからないですが)かなり時間がかかっていました。あと術前のマーキングは小さく見えたけど実際の傷は大きく、抜糸の糸も出てきて、その周りが傷の治りが遅く、しまいには膿がでてしまったりして、かなりショックを受けています。
    結果、メラノーマだったと言われ、でも、「ちゃんととれてるが、がん細胞が残っているかもしれないから、不安なら念のため拡大手術しますか?」ときかれましたが、充分に取りきれたかは病理のプレパラートなどでわかるものですか?
    そして、仮に、がん細胞が残っていたとすれば、今こうして抜糸の糸が出たり、化膿したりしているのは、再発を誘発させてることになりますか??

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    私たち形成外科医は直径3、4ミリの黒子を切除してZ型に縫うことはまずありません。キズの治りと再発は関係がありません。病理診断も自分で行っているためメラノーマの診断もあやしいです。そこでは絶対に拡大切除は受けないでください。市立札幌病院形成外科をおすすめします。紹介状が必要なのでかかりつけの先生に書いていただくか前に手術をしてもらった形成外科を受診してください。当院でも受診していただければ紹介状を作成いたします。プレパラートを市立札幌病院病理部で再検討してもらうことを強くおすすめします。

  10. スタバ より:

    お忙しい中、返信ありがとうございます。
    小さい病院は病理検査はよその機関にお願いしているものと思っていました。ワンマンの高齢の先生で、本当にちゃんと見えてるのか不安です。
    あと、セカンドオピニオンを依頼したら嫌がられ、プレパラートは紛失したらこまるから渡せないと言われました。
    かなり、経歴に自信があるようで、自慢話され、だから安心しなさいと言われましたが、私には逆効果でした。
    こんなことを言う先生がいるのかと。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    法律で診療記録は5年間の保存義務があります。検査機関にプレパラート作成を依頼し診断は本人がする皮膚科専門医はいます。ふつうはセカンドオピニオンのためにプレパラート貸し出しを申し出たら渡すものです。本人が亡くなったあとで専門家が再評価をしたらメラノーマと診断した標本の大部分がメラノーマではないと判明したらどうするつもりなのか?自分の名誉にキズがつくことになると(私は)思います。弁護士を通して証拠保全をすると診療記録もプレパラートもわかります。検査機関にはブロックと呼ばれるプレパラート作成前の標本もあります。『だから安心しなさい』は信じてはいけません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ