昔の記憶

命日2015

 今日4月6日は家内の父親の命日です。
 命日(めいにち)
 2009年4月6日の院長日記です。
 今日、4月6日は、
 岳父(がくふ:家内の父)、
 故_片寄茂八(かたよせもはち)の命日です。
 平成5年(1993年)に、
 兵庫県三田市(さんだし)のゴルフ場で、
 急性心筋梗塞で亡くなりました。
 64歳でした。
 65歳になる23日で前でした。
      ■         ■
 その日は火曜日でした。
 市立札幌病院皮膚科の外来で、
 13:30から診療を開始して、
 間もなくでした。
 看護婦さんが、
 『先生、奥さんから電話です
 と電話を取り次いでくれました。
 『こんな時間に何だろう?』
 『子どもがケガでもしたのかなぁ…?』
 と思って電話に出ました。
      ■         ■
 電話を取ると…
 家内の声が震えていました。
 『おじいちゃんが…』
 『おじいちゃんが…、死んだって…
 それを聞いて、
 私は自分の父親が亡くなったと、
 一瞬、思いました。
 市立札幌病院へ勤務してから、
 私は、毎日、救急部で、
 ‘ある日突然亡くなる人’を見ていました。
      ■         ■
 亡くなる2日前まで、
 私の子どもたち2人(小4と小2)が、
 (ジュニアパイロットという子どもだけのフライトで)
 家内の実家に遊びに行っていました。
 『おじいちゃんに遊園地に連れて行ってもらった』
 『おじいちゃん、ちょっと辛そうだった』
 『酸欠でなぁ』と休んでいた。
 など子どもと話していたところでした。

      ■         ■
 今から考えると、
 下肢の動脈が細くなって、
 足が冷たいというので、
 登山用の靴下を送っていました。
 他にも前兆らしき症状がありました。
 亡くなった年のお正月は、
 はじめて正月に家内の実家に行きました。
 (当直や仕事でお正月には行けませんでした)
 孫たちと遊園地に行って、 
 義父はうれしそうでした。
      ■         ■
 お正月の前から、
 間欠性跛行かんけつせいはこうという症状があり、
 整形外科に通っていました。
 下肢の血管が細くなっているので、
 血管を広げる注射をしていました。
 お正月は病院が休みなので、
 遊びに行った私が義父に注射をしていました。
 確かに足が冷たかったのを覚えています。
      ■         ■
 その他、
 亡くなる前年に、
 眼科で目の血管が詰まっていると指摘され、
 眼底の血管を撮影していました。
 亡くなる前日には、
 体調不良で、
 会社の近くの病院を受診し、
 胸部写真と心電図を撮っていました。
 診断は風邪だったそうです。
      ■         ■
 今から考えると、
 私も甘かったと反省しています。
 下肢と目の血管が詰まったら、 
 心臓や頭の血管も検査すべきでした。
 前日に撮った心電図にも、
 微細な異常はあったと思います。
 ゴルフ場で心臓が停止し、
 救急車が来た時に、
 大丈夫やと言っのが、
 義父の最期の言葉です。
      ■         ■
 今だったら、
 高性能のCTで心臓の血管を調べられます。
 ステントという管を心臓の血管に入れて、
 心臓の血流を確保できます。
 私の知り合いにも、 
 心臓にステントが何本も入った先生がいます。
 元気にしています。
 亡くなってしまったおじいちゃんの年齢まで、
 あと4年になりました。
 私も健康に気をつけて、
 迷惑をかけないような生き方をしたいです。
 亡くなった時桜が満開でした。
 22年前です。

“命日2015”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    母の死とオーバーラップして涙がこぼれました。
    母も誕生日を目の前にしてデイの事故で意識不明になりました。
    双子のように仲が良かった最愛の母が・・・
    青天の霹靂でした。
    私は適応障害の中程度になり苦しい日が続きました。
    孫の顔さえ見せてあげられなかった。
    平均寿命迄10年ありました。
    最期の言葉、おやすみだったでしょうか?
    わかりません。
    危篤になった時母の頬に触ったら凄く冷たかったです。
    心マもすぐ終わりました。
    後悔は年末年始で面会に行ってなかったことです。
    行こうと思った日、父が疲れてると言い明日にしようと見送った日に
    母は急変しました。
    たん除去で苦しむ姿が心苦しかったので
    もう安らかに逝ったのだと思うようにしています。
    十分すぎるほど母は頑張ってくれた事に感謝してます。
    こんどは父の介護です。
    まだまだ私は死ねません。

    わたくしごとで申し訳ありません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございました。お父様の介護をがんばってください。

  2. さくらんぼ より:

    ご冥福を心からお祈りいたしております。先生には お義父様の分まで長生きして欲しいです。ここ数年私の周りでは親より早く亡くなる方々が6人くらいいてこの1日にも 主人の仲間で51才で他界した方にお花をあげてきたばかりです。 来月は55才でお風呂で亡くなった隣の息子さんの一回忌です。私の姪も三年前27才で癌で他界しました。 おかしいなと思ったら 検査してもらってください。
    明日 帽子を届けに 秋田の妹の病院に行く予定です。 姪の分まで生きて欲しいので抗がん剤に耐えて生きて欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。お気をつけて秋田まで行ってらしてください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ