医学講座

陥没乳首の女子高生へ

 昨日の院長日記、
 陥没乳首は未婚のうちに手術は、
 女子高生に手術をすすめるのではありません。
 女子高生からメール相談を受けることもあります。
 その時には、
 陥没乳首のお母さんへに書いた、
 ピジョンという会社から発売されている、
 乳頭吸引器をすすめます。
 妊娠授乳中の手術③
 …でもご紹介しました。
      ■         ■
 かなり乳房が発達した女子高生でも、
 乳頭は未発達なことがあります。
 逆にどんなに小さなおっぱいでも、
 妊娠出産を経験すると、
 乳頭は発達します。
 ホルモンの影響を受けます。
 陥没乳首で悩む女子高生には、
 乳頭吸引器でマッサージをすすめます
      ■         ■
 そんなの、
 恥ずかしくて買いに行けない
 かんぼつしているってバレるとやばい
 心配しなくても大丈夫です。
 乳頭吸引器は、 
 ベビー用品や離乳食のコーナーにあります。
 親戚のお姉ちゃんに頼まれたふりをして買うことです。
      ■         ■
 もし乳頭や乳輪に炎症があれば、
 診察を受けることをおすすめします。
 どこに行ったらよいかわからない時は、
 札幌美容形成外科へメールで相談してください。
 信頼できる形成外科を紹介します。
 形成外科がないところでは、
 症状によって、
 乳線外科や皮膚科を選びます。
      ■         ■
 陥没乳首は、
 吸引してマッサージを続けると、
 治ることもあります。
 炎症を起こしている時には、
 薬をつけてマッサージをします。
 そうすると、
 治ることがあります。
 私は最低3~6ヵ月はマッサージで治療して、
 それでも治らない時に、
 20歳を過ぎてから手術を選択します。
20150422-1
20150422-2

“陥没乳首の女子高生へ”へのコメントを見る

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ