医学講座

第108回日本美容外科学会(札幌)

 平成22年7月17日(土)に、
 札幌市北区北8条西4丁目の、
 札幌アスペンホテルで、
 第108回日本美容外科学会が開催されました。
 こちらの美容外科学会は、
 形成外科系の美容外科学会です。
 今回は、
 札幌スキンケアクリニックの
 松本敏明先生が組織会長でした。
      ■         ■
 松本先生が選ばれたテーマは…
 シンポジウム
 「次世代に伝えたい美容医療を求めて」
 蘇春堂形成外科、新冨芳尚(しんとみよしひさ)先生が座長。
 1.日本美容外科学会の成立とその経緯
 平賀形成外科、平賀義雄先生
 2.警病形成外科第2期の黄金時代を振り返って
 当山美容形成外科、當山 譲先生
 3.美容外科開業医と臨床形成美容外科医会
 セブンベルクリニック、渡部純至先生
 4.美容医療協会の成立と美容医療啓蒙活動
 中野坂上クリニック、古川晴海先生
 5.国際美容外科学会との関係
 クリニカ市ヶ谷、大森喜太郎先生
 6.美容外科の成り立ちと大森清一先生
 北海道大学名誉教授、大浦武彦先生
      ■         ■
 6人の日本を代表する先生が、
 形成外科系の美容外科学会の成り立ち、
 大森清一先生が考えていらした、
 形成外科と美容外科の関係について、
 私たちにもよくわかるように、
 詳しく講演をしてくださいました。
 正直なところ…
 これだけのお話しをお聞きしたのは…
 私もはじめてでした。
      ■         ■
 6人の先生の講演の中で、
 大浦武彦先生のご講演が最高でした。
 形成外科⇔美容外科の関係が…
 実によく理解できました。
 ヤスミクリニックの木村知史先生が、
 私より先にご自身のブログで解説してくださっています。
 木村先生のことは、
 2009年9月26日の院長日記でもご紹介しています。
 勉強熱心で進歩的な先生です。
      ■         ■
 大浦先生のお話しの要点です。
 大森清一先生は、
 形成外科と美容外科は車の両輪
 とお考えでした。
 大森先生ご自身も、
 積極的に美容外科手術を執刀され、
 美容外科の重要性は強く認識していらっしゃいました。
 フェイスリフト手術などを…
 山王病院でなさっていらしたそうです。
      ■         ■
 ところが…
 巷(ちまた)では、
 悪い‘美容整形’が死亡事故を起こし、
 誇大広告悪徳商法で、
 マスコミに大きく報道されるような事件が多発。
 美容整形の社会的地位は地に落ちていました。
 形成外科を発展させるためには、
 外科系医師のサポートが必要。
 そこで不本意ながら…
 形成外科は美容をいたしません…と宣言し…
 まず形成外科を認めてもらった。
      ■         ■
 大浦武彦先生は、
 もう、過去のことを言わずに…
 2つの日本美容外科学会を統一する時期です。
 と実に歯切れよく解説してくださいました。
 ヤスミクリニックの木村知史先生が書かれているように…
 平成竜馬新冨先生が
 おーい、いい加減にせんかい
 全美容外科が潰れるぞ
 と統一に向けて動いていることに…
 エールをおくられていました。
      ■         ■
 私は恩師の大浦武彦先生が、
 2つの美容外科学会の統一に向けて…
 力強いお言葉をくださったことに…
 心からありがとうございましたと言いたい気持ちです。
 素晴らしい恩師を誇りに思います。
 新冨芳尚先生と
 高須克弥先生のお力で、
 なんとか2つの美容外科学会が
 1つになってくれたらと願っています。

oo
大浦武彦先生(懇親会で)

“第108回日本美容外科学会(札幌)”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    お疲れ様でした。
    私には少し難しい内容ですが、二つの学会が一つになりより発展、進歩する事を願っています。

  2. くくるん より:

    ヤスミクリニックの木村先生は、某掲示板ではひどい言われようですが、そうでもないのですか。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    木村先生はしっかりした先生です。木村先生をけなしている人がおかしいと思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ