医学講座

鼻の壊死(えし)症例

 昨日の院長日記でご紹介した韓国の、
 鄭東學(ジョン・ドンハク)先生。
 英語表記は、Dong-Hak Jung先生。
 私が日本人に見ていただきたいのが、
 鼻の壊死症例です。
 昨年の日本美容外科学会で発表されました。
 PRSという米国形成外科学会誌にも掲載されています。
      ■         ■
 私がヒアルロン酸による鼻プチ整形を、
 2009年3月に中断したのは、
 ジョン先生の発表を見たからでした。
 すべてのヒアルロン酸で、
 このようになるのではありません。
 昔、コラーゲンでも壊死の副作用が出ました。
      ■         ■
 ヒアルロン酸注射は、
 簡単だから…、
 歯科医師先生まで、
 しわの治療に使われるようです。
 しわ治療が、
 歯科医師免許で可能かどうかわかりませんが…
 フィラーといわれる注入剤はこわいです。
      ■         ■
 入れすぎや、
 血管内に間違って入れてしまうことによって…
 鼻の皮膚が壊死(えし)になります。
 植物が枯れるのと同じです。
 枯れた枝は切らなければなりません。
 植物はまた芽が出ますが、
 人間は芽が出て鼻が再生することはありません。
      ■         ■
 一度壊れた鼻を治すのは大変です。
 これだけ鼻の壊死症例を発表している先生は、
 世界中探してもジョン先生だけです。
 下の写真は先生のHPから引用しました。
 こうなったら…
 腕の良い形成外科医でもお手上げです。
 先生のクリニックの名前は、
 心美眼
 しみあんSHIMMIANといいます。
 韓国の美容のメッカ、
 江南にあります。

注入剤によって壊死になった鼻
上の鼻が左のようになって、右が再建手術後

Jung先生のHPより引用

“鼻の壊死(えし)症例”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    うわぁ 怖いですね。 鼻が高くなるどころではなくなるのですね。 今 韓国のカラとか少女時代のような 美形が人気で あのようにしてという患者さんも多いでしょうね。

  2. まみ子 より:

    本当にとてもキレイに再建されていますね。びっくりしました。

    私・・・明日が誕生日なんです。53歳になります。まだまだ53歳!!
    と気持ちだけは若く持って仕事頑張ります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お誕生日おめでとうございます。気持ちだけではなく、見た目もお若いです。先生と患者さんのために、ますます、ご活躍ください。

  3. さくらんぼ より:

    まみ子師長様
    お誕生日おめでとうございます。
    私より 1歳 若いのでまだまだ ファイトで 患者さんのために頑張ってください。
    HAPPY BIRTHDAY☆

  4. 鼻で困っています より:

    ジョン先生の治療は、日本で受ける事は出来ないのでしょうか?宜しくお願い致します。

    私も、よく似た症状で大変困っております。どなたか助けて頂きたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    日本で同じような治療をしていらっしゃるのは、私が知っているは聖路加国際病院形成外科の大竹尚之先生です。2015年11月22日に行われた鼻の研究会で発表されていました。聖路加国際病院へは紹介状が必要です。施術を受けた先生かお近くの耳鼻咽喉科からでも紹介状をいただいてください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ