医学講座

第117回日本美容外科学会(大阪)⑤

 第117回日本美容外科学会(大阪)で気になった発表が、
 PRP+b-FGF局注療法の追試
 カメイクリニック
 亀井康二(かめいこうじ)先生のご発表です。
 カメイクリニックの亀井康二先生は、
 第33回日本美容外科学会(京都)の会長です。
      ■         ■
 PRP療法というのは…
 自分の血から…
 血小板(けっしょうばん)という成分を取り出し…
 それを注射する治療です。
 第116回日本美容外科学会(東京)①でも、
 パネルディスカッション
 『PRP療法のコツとピットフォール』がありました。
      ■         ■
 亀井先生が見せてくださった、
 b-FGFを入れたPRPの注射は…
 劇的な効果が出ていました
 亀井先生によると、
 この注射をするようになってから、
 下まぶたの『たるみ取り手術』が不要になったそうです。
 それほど劇的な効果でした。
      ■         ■
 形成外科系の日本美容外科学会(JSAPS)では、
 b-FGFに慎重な先生と、
 積極的な先生の2派に分かれます。
 私は超慎重派です。
 これをやれば…
 クリニックの売上は何倍にもなります。
 でも…
 やりません。
      ■         ■
 慎重派の先生の共通した意見は、
 大手美容外科で定番のプレミアムPRPを受けて、
 顔にしこりができた人を何人も診た
 カネボウの美白化粧品以上の被害が出たら…
 誰が責任を取って…
 どう治すんだ?
 …という慎重論です。
      ■         ■
 きれいになる
 若返る
 …という希望はわかります。
 でも…
 もし副作用が出たらどうする?
 …というところでためらいます。
 私は石橋をたたいて渡らない人間なので…
 少なくとも学会で指針ができるまでは…
 どんなに効果があってもb-FGFは入れません。

“第117回日本美容外科学会(大阪)⑤”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    bーFGFそんなんでたるみが取れるならと思いましたが、本間賢一先生が いいというまでは したくないですね。

  2. まみ子 より:

    カネボウの美白化粧品をつかっていた患者さんがけっこうな人数受診しています。

    先生、超慎重派がなによりです。

  3. なっちゅん より:

    しこり…怖いですね。
    結局私も石橋を叩いて壊すタイプで…

    ピアスは怖い上に粉瘤も懸念されるのでやめました。
    レーシックも今はまだ早いかな?
    もっと進歩してからと思ってます。

    お出かけだけコンタクト、普段はメガネ。
    嫌だったんですが、主人が
    2つを楽しめると言ってくれて踏みとどまりました。

  4. くくるん より:

    多分ですが、副作用が出たら、副作用が出た時に考えたらいい、という考えなのではないでしょうかね。

    それか、自己責任論にすりかえるとか。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    残念なことですが体質ですと片付けられるところがあります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ