二重・眼瞼下垂

【失敗】と言われる方に

 札幌美容形成外科には、
 実にたくさんの方から相談が来ます。
 それだけ頼りにされているんだなぁ~
 …と思いながら返事を書いています。
 中には、
 うちの職員が見ても、
 お気の毒という患者さんがいます。
 形成外科専門医が手術をしたのに、
 悲惨な結果の患者さんもいます。
      ■         ■
 私が手術をしても、
 左右差が気になる
 …と言われることがあります。
 目を開く力が弱いので、
 片目だけ開かないこともあります。
 再手術になることもあります
 何度も手術をした患者さんもいます。
      ■         ■
 相談で【失敗された】と書いて来る患者さんに、
 執刀してくれた先生を聞くと、
 なんちゃって美容外科医ではなく、
 実績のある先生のことがあります。
 目の手術は難しいです。
 手術後にじっとしていないと、
 傷に赤味が出ることがあります。
 二重のラインが浅くなることがあります。

      ■         ■
 読んでいただきたいのが、
 私自身の手術体験記です。
 手術後一年の経過
 自分で体験してみて…
 やはり…
 傷が治るには…
 時間がかかるなぁ…
 …とつくづく思います。

 医師は経過はわかっても…
 感覚まではわかりせん。
 患者さんになってみて…
 はじめて感覚がわかりました。
      ■         ■
 手術したなぁ~
 …という感覚は、
 手術から半年は続きます。
 見た目も違いますし…
 瞼を触ると…
 自分の瞼が…
 手術したんだから…
 そっと触って
と言っています。
      ■         ■
 私は典型的なおっさんなので…
 女の人が嫌う…
 おしぼりで顔を拭くのが好きです。
 顔を洗うのも好きですし…
 お風呂上りには…
 タオルでよく顔を拭きます。
 タオルでごしごしが好きでした。
      ■         ■
 このタオルで顔を拭くのが…
 なかなかできません。
 まぶた以外は大丈夫ですが…
 傷に触るとまずいので…
 手術から半年は…
 そっと洗うだけでした。
 今でも前のようにごしごしはしていません。
      ■         ■
 手術から2ヵ月は…
 寝ている時に目に触らないように、
 アイマスクをしてい寝ていました。
 アイマスクをすると…
 真っ暗でよく眠れました。
 途中で取れていたこともありましたが…
 アイマスクは効果的でした。
      ■         ■
 眼瞼下垂手術体験記_⑨(痛くない方法
 …も参考になります。
 アイマスクをして…
 アイスノンベルトで冷やしても…
 腫れますし…
 そこそこ痛みもあります。
 耐えられないことはありません。
 私は痛み止めも1~2回だけした。
 2回目は、
 じっとしていて腰痛になったためです。
      ■         ■
 痛くない方法があります。
 私はいつも患者さんに説明しています。
 じっとしてれば痛みは軽度です
 痛いのは…
 身体が出している信号です。
 痛い時は、何か原因があります。
 痛いことはしないでください。
      ■         ■
 たとえば…
 痛いのに…
 手術後に無理をして…
 目をぱちぱちすると痛いです。
 少し上の方を向くと痛いです。
 下向きがです。
 まぶたを動かさないとです。
      ■         ■
 手術後でも…
 食事の時や…
 トイレの時は…
 見なくてはなりません。
 薄目を開けて…
 下を少し見る程度は可能です。
 まぶたを動かさないようにして、
 ちょっと下を見るだけです。
      ■         ■
 そうすると…
 縫った部分には力がかかりません
 ですから痛みもありません。
 手術で縫うのは、
 傷を寄せるだけです。
 傷が治るのは、
 自分の身体が傷に反応して…
 傷をくっつけるのです

      ■         ■
 傷から…
 植物の根が生えるように…
 細い血管が伸びてきて…
 その血管同士が吻合(ふんごう)します。
 つまり傷の血管がくっつきます。
 こうして傷は治ります。
 治るまでの間は、
 なるべくじっとしているのです。
      ■         ■
 まぶたを開け閉めすると…
 傷の部分が動きます。
 せっかく伸びた血管が切れます。
 挿し木(さしき)で…
 植物を増やす時に…
 根が生えるまでそっとしておくのと同じです。
 ラベンダーは挿し木で増えます。
 痛くない方法は、
 傷の治りにも良いのです。
 手術後の安静が大切な理由です。
 【失敗】されて次に直してもらう時には、
 【失敗】の原因をよく考えてくれる先生をおすすめします。

“【失敗】と言われる方に”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    先生の日記を拝読させて頂いてからは
    瞼に負担をかけないように
    過ごしています。

    洗顔も瞼は洗いません。
    なのでマスカラやアイシャドウは
    翌日も少しついてる状態です。
    やり過ぎでしょうか?

    痛いというのは
    身体が悲鳴をあげてるので
    安静にする事が大切なんですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。美容皮膚科の先生は女性が肌をこするのがよくないと言われます。お化粧が翌日まで残っているのは(私は)よくないと思います。こすらないようにしてそっと落としてあげてください。手術用顕微鏡で見るとまつ毛の根元に黒いお化粧が残っている女性がいます。

  2. さくらんぼ より:

    やはり 自分が手術してみないとわからないですよね。 アイマスクで休んでらしたんですね。 本間先生は本当に神経の使いすぎのような人なので特殊なカプセルにでも寝ていらっしゃると思っていました。 ごしごし顔を洗ってはいけないのですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。そうなんです。どこで教えてもらったか忘れましたがアイマスクは適度に目を保護してくれていいです。飛行機の中でも怪しまれませんでした。困ったのがアイスノンベルトでした。12月には売れないらしく在庫がないドラッグストアがありました。それ以来、札幌美容形成外科では希望される方には(有料で税込一個700円)分けて差し上げています。

  3. えりー より:

    お医者様ご自身が実際に手術を
    体験されて、その経過を記して
    いただけるのは、悩んでいる
    困っている方には、とても
    興味深い内容だと思います。
    とてもわかりやすく理解できました。
    ありがとうございました。
    「痛いのは身体が出している信号」という
    言葉も心に残りました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。他人にすすめるからには自分でも受けてみないとわかりません。眼瞼下垂症手術は自分が受けてとても楽になりました。車の運転も手術前は岩見沢が限界だったのに、旭川でも函館でも運転できるようになりました。自分でも驚いています。

  4. ポン より:

    沢山の相談が来るにも関わらず、毎回丁寧にお返事してくださること、凄く嬉しく思うと同時に流石だなと思います。
    手術から2ヶ月程が経ち、凄くタイムリーな記事に驚いています。手術から1ヶ月ほどは全て見えていた黒目が最近はだんだんと見えなくなって来ました。今でも就寝時はアイマスク、洗顔は泡で洗うようにし、触らないように心がけていたのに悪いことをしてしまったのかとモヤモヤしています…。
    病院に行きたいのですが行けず、もどかしい日々です…。
    先日の返事に勉強頑張ってとのお言葉があり、とても嬉しかったです!頑張っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。眼瞼下垂症は再発することがある疾患です。どんな原因があるか検討して、対策を考えてから再手術をするべきです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ