医学講座

困ったのは地震の揺れより停電でした

 2018年9月6日に起きた北海道初の大地震、
 困ったのは地震による揺れや建物の損壊ではありませんでした。
 札幌では偶然に、
 台風21号の被害2018
 北海道地震20180906
 …と2晩連続で深夜早朝に停電になりました
      ■         ■
 地震で揺れている間、
 ふとんの中で、
 こんなことが2晩連続で起きるなんて
 …と思いました。
 地震の揺れはすごかったですが、
 本間家も、
 札幌美容形成外科も、
 壊れたものは一つもありませんでした。
 困ったのが断水によってトイレが使えないことでした。
      ■         ■
 地震の後も、
 停電さえなければこんなに混乱しなかったと思います。
 酪農家は乳が絞れずに牛が乳房炎になったり、
 死んでしまった牛もいると聞きました。
 北海道の全部の機能が、
 停電によって失われました。
 札幌美容形成外科は停電が短かったので、
 地震の翌日(2018年9月7日)も診療ができました
 同じ日にすぐ近くの三越札幌店、パルコは停電でお休みでした。
      ■         ■
 札幌の地下鉄も市電も停電で運休しました。
 これから大地震が起こる可能性がある地域では、
 地震による揺れで建物が損壊することより、
 停電による電源消失
 関西国際空港であったように、
 地下の電気室などの設備が水没して、
 電気が使えなくなることのへ準備が必要だと痛感しました。
 今の時代は電気が来ないと何もできません。

“困ったのは地震の揺れより停電でした”へのコメント

  1. えりー より:

    2晩連続、誰も予測できないですね。
    我が家は水が出たのは、ありがたいこと、
    でしたが電気が使えないことが、
    こんなに大変で不便だということは
    今回のことで改めて感じたことです。
    知人がすぐに電池のポータブルストーブを
    ネット注文したと昨日話していました。
    先程、置き型水のサーバーの広告チラシも
    郵便受けに入っていました。
    忘れないうち対策を考えたいと思って
    います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ほんとうに困ったのが停電でした。2晩続けて停電にはほんとうに困りました。北海道は冬に停電になった時の対策が大切だと思いました。灯油の保管も大変なのでどうしようかと思っています。

  2. さくらんぼ より:

    停電は困りますね。殆ど電気で動くのですから。 夏は暑いし冬は寒いしです。ラジオと電池は用意しておくと情報がわかりいいですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。停電になった時に一番頼りになったのがラジオでした。ふだんはラジオの存在すら忘れていましたが、小さな携帯ラジオからの情報がすべてでした。電池はたまたま準備してありましたが暗くなった後は小さなライトが頼りでした。今回の地震で防災について考え直しました。

  3. なっちゅん より:

    パルコと三越が停電でも
    本間先生のクリニックは大丈夫だったなんて
    幸運でしたね。

    本当に停電は困りました。
    これから冬です。
    使い捨てカイロしか備えがありません。

    あとはカセットコンロでお湯を沸かして
    暖まるしかありません。
    これでは寒さは凌げそうにありません。

    不安です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。地震の揺れよりも停電が困りました。食料は冷蔵庫にあったもので何とかなりましたが、水が困りました。カセットコンロは30年以上前に買ったものですがあったので安心しました。大規模停電ほど大変なことはありません。対策を考えないとダメです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ