二重・眼瞼下垂

私は眼瞼下垂でした

 今日は2019年7月12日(金)です。
 札幌の天気は曇り、
 夜には雨の予報です。
 東京など本州では雨の日が続き、
 冷夏の予想だそうです。
 昔、冷夏でお米がとれなくて、
 タイ米を食べた記憶がよみがえりました。
 山形のさくらんぼさんの果樹園が心配です。
      ■         ■
 先日、昔の写真を整理していて、
 昔の自分を見つけました。
 48歳の時には、
 自分は眼瞼下垂症だと思っていませんでした。
 私の眼瞼下垂を最初に診断してくださったのは、
 松尾清先生です
 日本熱傷学会でお会いしてお話しした時に、
 『先生にもありますょ』と教えてくださいました。
      ■         ■
 私が48歳の時の写真を見ると、
 今だったら眼瞼下垂症手術をすすめると思います。
 当時から、
 長距離運転が苦手になっていました。
 学会の前の席で、
 スクリーンを見るのがつらくなっていました。
 自分では気づいていませんでした。
 もし自分が聖路加国際病院形成外科で
 大竹尚之先生に手術をしていただいてなければ、
 今ごろはかなり重度の眼瞼下垂症になっていたと思います。
 大竹先生に感謝しています。

2003年 48
2010年12月1日に手術をしていただきました
20101201_pre2
20101201_pre3
デザインです
20101201_po1
手術直後
24時間後です
48時間後です
7日後です
4週間後です
2年後です
201311201
3年後です

20141201-po4y

4年後です

20151201

5年後です
↓裁判がはじまり顔つきが変わりました

20161208_-po6y

6年後です

64歳(8年後です)
白髪が増えました

“私は眼瞼下垂でした”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    家の主人も白髪が増えました。でも目はぱっちりしたままです。こすったりしないのを先生は守られていたからですね。山形は冷夏です。毎年異常気象のせいにもできないので、おかしな天気になったのでしょう。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。山形も冷夏なんですね。さくらんぼさんのご主人様は写真でしかお会いしたことはありませんが素敵な男性です。目はできるだけこすらないようにしています。今年は豊作になることをお祈りしています。

  2. えりー より:

    何度かお写真を拝見していますが
    手術前と後では、お顔の表情も
    違いますね。明るく、さらにお元気
    そうに見えます。お母さまに似て
    いらっしゃると思いました。
    本間先生の日記で眼瞼下垂症に
    ついての知識を得ることが
    できました。生活に不便を感じている
    方は一度ご相談した方が良いですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。たまたま写真を見つけて自分で驚きました。車の運転は確実に楽になり富良野まで運転できるようになりました。日常生活でも楽になりました。ありがたいことです。

  3. なっちゅん より:

    本間先生は48歳の時に
    眼瞼下垂と診断されたのですね。

    それから多忙で手術に踏み切るまでには
    時が経つのも当然でしょう。

    手術を受けてよかったですね。

    さくらんぼさんの果樹園が無事でありますように。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私の形成外科医仲間には松尾清先生に診断していただいた先生がかなりいます。忙しくて手術を受ける時間ないと言っていたら、私が手術をさせていただいた看護師さんから『先生、時間なんてつくらないとないわょ!』と助言をいただき、背中を押してくださいました。ありがたいお言葉に感謝しています。

  4. ラベンダー より:

    本間先生 こんにちは

    私は一重まぶたでしたが、10年前の40代後半のころ
    ひとりでに二重まぶたになり喜んでいました。

    最近、お仕事でパソコンをしていると、まぶたが
    半開きになっていることに気づきます。 息子にも
    「お母さん目を細めていないで、度の合うめがねを
    ちゃんと買ったら?」と言われました。

    もしかするとこれは眼瞼下垂ですか?

    眼瞼下垂を扱っているお医者さんに診てもらうと
    わかるものでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    実際に診察をしてみなければ眼瞼下垂症かどうかわかりません。目を細めて見るのは視力の関係があるかもしれません。眼科と形成外科では眼瞼下垂症手術についての考えが違うことがあります。私は形成外科で眼瞼下垂症を多く手術している先生で金もうけ主義ではない先生に診ていただくことをおすすめします。

  5. ラベンダー より:

    ご回答ありがとうございます。
    本間先生のように、ブログで情報を発信されている先生は
    「わきがの治療に情熱を持って手術されている先生で、
    飛行機に乗って北海道に治療に行っても良い」と
    わかります。 しかしそういう先生は少ないので
    「形成外科で眼瞼下垂症に情熱を持って症例多くこなして
    おられる先生がどこにいらっしゃるか」というのを
    見つけるのが難しいです。 形成外科医さんのお仕事は
    職人技のようなもので自宅から近ければいいものではなくて
    あわてないでよく探さないといけないと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    形成外科専門医にもいろいろな人がいます。先生との相性もあります。症例写真などをご覧になって検討されるのがいいと思います。

  6. さくら より:

    40代の女性です。ずっと右目が開きづらく悩んできました。自分の写った写真をみると左に比べると右だけ眉毛がへの字に上がりおでこにシワがよっています。肩こりが激しく数年前に首の椎間板ヘルニアにもなってしまいました。
    まぶたがだるんと垂れ下がっているので、眉下切開で脂肪をとったほうが良いかと素人考えで悩んできました。ネットで良いお医者様を探しているうちに美容整形で失敗した方や良いお医者様を紹介してくれるというボランティア団体に行き着き そちらで大竹先生はおすすめしないと言われました。
    ただ、何やら胡散臭く感じたため距離をおいています。

    本間先生のブログを拝見して、やはり大竹先生にカウンセリングを受けたいと思いますが、私は割と美醜にこだわる方なので目のデザインとやはり傷なども気になってしまいます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    どちらの『ボランティア団体』か紹介サイトかわかりませんが、【無料】で紹介してくれるところは紹介先から紹介料を取っているところが大部分です。『胡散臭く感じたため距離をおいている』のはいいことだと思います。ご自分で何人かの先生に診察を受けて一番信頼できて、自分と相性がいい先生を選ぶことです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ