医学講座

眼瞼痙攣の治療2014

 第23回日本形成外科学会基礎学術集会。
 私が3日もかけて、
 札幌から松本まで行って
 一番勉強になったのが眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の治療法です。
 松尾先生の開瞼の生理学
 なぜうまくいかないのか
 私が一番困ったのが、
 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)でした
      ■         ■
 開業して眼瞼下垂症手術を多くするまで、
 約25年間、
 恥ずかしながら、
 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)をよく知りませんでした。
 神経内科の病気だと思っていました。
 外科的に治せる病気だと考えていませんでした。
 学会で松尾先生の手術を見せていただいても
 自分で施術するとは考えませんでした。
      ■         ■
 松尾法と呼ばれる眼瞼下垂症手術は、
 挙筋腱膜を瞼板に固定する手術法です。
 術者によってやり方は多少ちがいますが、
 松尾先生が、
 腱膜すべり症という、
 まぶたの病気について、
 ためしてがってんで、
 広く世の中に広めてくださいました。
      ■         ■
 眼瞼下垂症を訴えて来院される患者さん。
 大部分の方は、
 皮膚を切開して、
 挙筋腱膜を固定すると、
 よく開いて、
 よく見える目になります。
 先生ありがとうございました
 …と感謝されます。
      ■         ■
 ところが、
 手術をしても、
 開かなくて、
 先生、これじゃぁ(不満足
 …ということがあります。
 他院で手術を受けて、
 うまく開かない患者さんもいます。
      ■         ■
 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の患者さんは、
 ふつうの眼瞼下垂症手術をしても、
 目が開きません。
 Meige症候群(めーじゅしょうこうぐん)という病気があります。
 難しい病気です。
 下垂の手術をしても開くようになりません。
 眼瞼痙攣にボトックス注射が効きます。
 (申し訳ありませんが札幌美容形成外科では実施していません)
      ■         ■
 信州大学形成外科では、
 眼瞼痙攣の治療を積極的にしていらっしゃいます。
 従来は眼輪筋切除の手術でしたが、
 今年の松尾先生のご発表では、
 ミューラー筋の処理で、
 眼瞼痙攣が治っていました。
 眼瞼痙攣で困っていらっしゃる患者さんには、
 信州大学形成外科をおすすめします。

“眼瞼痙攣の治療2014”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    眼瞼痙攣とは瞼がピクピクすることでしょうか?疲れるとよくピクピクするのではなく常にピクピクする病気でしょうか? 知り合いの先生が退職と同時に自分の勤務していた病院で 長年の悩みだったピクピクの手術をしたのですが、神経に触ったのか顔も変形して、よだれまで垂れて 東京の病院に転院され、以前より回復したとききましたが、私も気になる事を聞かれていい気分の人はいないのであまり話しないようにしていたので、いらした時何も聞かずに他界されました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。その先生のご病気は片側顔面痙攣だと思います。鑑別はなかなか難しいのですが、眼瞼けいれんは、目の周囲にだけ出現します。

  2. なっちゅん より:

    iOS8にアップデートして、不具合が起こったのでさらなるアップデート8.02?をしたら又々不具合が出て書き込みできなくなりました。
    今日、アップルに電話しましたが待ち時間も入れて一時間もかかったうえ、家から一時間以上かかるアップルまで、持ち込みしなきゃ直らないかもと言われました。
    そんなこんなで、書き込みが遅くなりました。
    先生のiPhoneは調子いいですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございました。私のiPhoneもiOS8にして不具合が出ています。困ったものですね。私にはiPhoneの他にPCもあるのでなんとかやっています。早く解決してほしいです。新品のiPhone6を買った方はどうなんでしょうね。

  3. ぴあの より:

    眼輪筋の切除で閉瞼不全になりましたがこれを戻す(術前の筋力)するにはどうしたらいいでしょうか?
    一旦は閉じるものの、筋力が弱く目を閉じる状態を維持できなかったり、睡眠中は薄目になっているので乾燥します。

    対症療法(目薬等)以外で何か策がありましたら教えていただけませんか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    実際に診察してみなければわかりませんので、手術をしていただいた先生にご相談なさってください。一般的には手術時に閉眼できることを確認しながら手術をします。手術後に閉瞼不全になるのは、術後瘢痕の影響もあると考えます。手術から半年以上経過しても閉眼不全が改善しないのであれば、顔面神経麻痺の後で目を閉じるようにする手術などが適応になると思います。

  4. 美智子 より:

    お世話になります。
    主人が眼瞼痙攣です。ボトックスよりも 外科的手術を考えているのですが 松尾先生の手術方法で完治致しますか?
    先生の率直な意見をお聞かせ下さい。
    御返事 お待ちして居ります。何卒 宜しくお願い致します。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    こちらにコメントをいただいてもご主人の年齢も症状もわかりません。松尾清先生は眼瞼痙攣を研究され手術もたくさんしていらっしゃいます。2014年の手術と現在の手術も違います。私の率直な意見は、松尾先生に診ていただいてくださいです。同じ松尾先生の手術法でも別の先生がすると違う結果になることがあります。かづきれいこ先生のテープという方法も紹介しています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ