院長の休日

年賀欠礼2013

 12月に入ると…
 毎日喪中はがきが届きます。
 私たちの年代になると…
 親が亡くなったというのが多いです。
 自分たちが還暦なので…
 親は80歳を過ぎています。
      ■         ■
 そんな喪中はがきに混じって…
 長年、年賀状をやり取りしていたご夫妻から…
 年賀欠礼の葉書をいただきました。
 今年、家族が重大な交通事故を起こしたので…
 年賀を欠礼させていただきます
 …という内容でした。
      ■         ■
 新聞で報道されたので…
 その事故は知っていました。
 どうしていらっしゃるだろうか?
 心配していました。
 とても真面目なご夫妻です。
 家庭も円満でした。
 交通事故は…
 被害者も加害者も苦しめます。
      ■         ■
 起こしてしまった事故は…
 賠償するしかありません。
 自分の罪を償うしかありません。
 私たち医療関係者も…
 重大な交通事故を起こすことがあります。
 よほど重大な過失がない限り…
 医師免許取り消しはありません。
      ■         ■
 医師国家試験受験の時にも…
 重大な交通事故などを起こしていると…
 正直に届け出なければなりません。
 私が知っている先生は、
 死亡交通事故を起こしました。
 過失割合などはわかりませんが…
 相手の方は亡くなりました。
      ■         ■
 その先生の中では…
 一生悔やんでもくやみきれない事故です。
 忘れることはできません。
 できることは…
 被害者への賠償です。
 謝っても許してもらえないと思います。
 刑務所に入っても許してもらえないと思います。
      ■         ■
 私たち医療職の人間は、
 ケガをした人を助けるのが仕事です。
 たとえ死亡交通事故を起こした医師でも…
 医師としての技量に問題がなければ…
 医師としての仕事をすることで…
 社会への償いも…
 被害者への償いもできます。
 交通事故は悲惨です
 私は補償無制限の自動車保険に入っています。
 弁護士特約もつけています。
 年賀欠礼のご夫妻に元気になっていただきたいです。

“年賀欠礼2013”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    毎年喪中ハガキが届く方がおりますが、毎年親戚には何軒か不幸がありますが私としては一緒にすんでる家族と兄弟、その家族、親くらいまでと思っています。
    息子達はメールなんで年賀状は書きません。 欠礼された方が早く元気になって欲しいですね。

  2. なっちゅん より:

    良心の呵責は図りしきれないですね。
    私は交通事故の被害者ですが未だ改善されません。
    なのに加害者には誠意がなくもうすぐ裁判です。

    年賀状、、、楽しみですが億劫です。
    なんて身勝手な笑

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ