医学講座

自動車と顔のケガ

 私が医師になったのが、
 1980年でした。
 昭和55年です。
 オイルショックを経験した日本が、
 まだ高度成長を続けていた時代でしょうか?
 当時は、今より自動車は普及していませんでした。
      ■         ■
 私が運転免許を取得したのが、
 1974年です。
 昭和49年。
 大学に入学した年の夏に、
 自動車学校に通って取りました。
 当時は、
 ようやく運転席のシートベルトが
 3点式になった頃でした。
      ■         ■
 それより以前は、
 運転席でも…
 飛行機のベルトのような…
 2点式が一般的でした。
 自動車のシートも、
 首の後ろに枕がない、
 ベンチ式シートが一般的でした。
      ■         ■
 三丁目の夕日なんかを見ると、
 当時の自動車は
 黒塗りでも今より小さく、
 シートベルトもなく、
 首の後ろには何もありませんでした。
 交通事故(特に追突)が増えて、
 ムチ打ち症という外傷が問題になり、
 頚部を守るために枕がつきました。
      ■         ■
 昔のフロントガラスは、
 部分強化ガラスという、
 衝撃を受けると…
 粉々に割れるガラスでした。
 このガラス片が顔に刺さると、
 小さなキズがたくさんついて、
 それはそれは治すのが大変でした。
 今のガラスは簡単に割れません。
 ですから安全面では、
 乗用車は驚くほど進歩しました。
      ■         ■
 エアバッグが出たのは、
 シートベルトよりずっと後です。
 シーマという日産の高級車についたのが
 国産車の最初だったと思います。
 訂正します。
 ウィキペディアによると、
 日本車初のエアバッグ搭載車は、
 1985年にホンダが発売したレジェンドだそうです。
 申し訳ございません。

 千歳へ向かう高速道路で、
 シーマが事故に遭い、
 エアバッグが作働し、
 運転者は軽症で済んだという記憶があります。
      ■         ■
 一般の方は、
 実感がないと思いますが、
 救急医療の現場にいると、
 自動車の安全装備でケガも変わりました。
 シートベルトが義務化されてから、
 顔の大きなケガは減りました。
 今は後席もシートベルトが義務化されました。
 もっとケガは減ると思います。
      ■         ■
 本間家では、
 25年前からチャイルドシートを使っていました。
 私はケチですが、
 エアバッグがオプションで、
 10万円以上もした頃からつけていました。
 わが家の車は、
 5年以上の経年車ですが、
 安全装備は万全にしています。
 大切な顔にキズをつけたくなければ、
 シートベルトは必ずしてください。
 安全性の高い車を選んでください。
 安全運転をする人を選んでください。
 事故は未然に防ぐことができます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ