未分類

北京オリンピックの少女

 北京オリンピック開会式に
 赤い服を着た、
 可愛い少女が出ていました。
 朝日新聞の記事です。
 少女の歌声は「口パク」
 五輪開会式、舞台裏に別の子
 2008年8月13日0時15分
 開会式でソロで歌い、
 「天使の歌声」と人気を集めていた林妙可ちゃん(9)が、
 実は「口パク」だったことを音楽総監督の陳其鋼氏が
 中国の通信社、中国新聞社の取材に告白した。
 舞台裏で別の女の子が歌っていたという。
 インターネット上では
 「純粋な子どもにうそをつかせるのはよくない」
 と批判が出始めた。
      ■         ■
 陳氏によると、
 楊沛宜ちゃん(7)という別の子の歌声だった。
 選考の際、沛宜ちゃんの歌声が一番よかったが、
 見た目がよりかわいらしい妙可ちゃんが
 舞台に出ることになったという。
 陳氏は
 「対外的なイメージと国益を考えて採用した方法だ」
 と説明した。
 沛宜ちゃんは
 「歌声だけでも披露できて満足、悔しくはない」。
 ネット上の批判は、
 当局が次々と削除している。(峯村健司)
  (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 北海道新聞には次の記事が掲載されました。
 歌った少女は「傷心」
 五輪開会式の“口パク”(2008年8月23日 22:41)
 【北京23日共同】
 北京五輪開会式の“口パク”問題で、
 実際に革命歌曲を歌った少女、
 楊沛宜さん(7)について、
 担任の教師が23日までに、
 自身のブログで
 「がっかりし、傷ついているようだ」
 と近況を伝え、
 「楊さんを二度と傷つけないでほしい」と訴えた。
      ■         ■
 教師によると、
 楊さんは18日に
 口パクをした林妙可さん(9)が
 出演した娯楽番組を興奮した様子で見た。
 しかし、
 司会者が、実際には楊さんが歌ったことを紹介しなかったため、
 がっかりした表情を浮かべ、
 ひと言も口をきかずに就寝。
 翌朝、
 楊さんが歯形が残るほど強く
 自身の腕をかんでいたのを家族がみつけた。
      ■         ■
 両親はメディアの取材から守るためとして、
 楊さんを「遠く」に移したという。
 教師は、
 楊さんが林さんを含め
 一緒に開会式の練習をした子どもたちに
 会いたがっているとしている。
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私は開会式をTVで見た時に
 中国にも可愛い女の子がいるなぁ~
 と思いました。
 また、中国人が可愛いと感じる
 女の子が、二重まぶたで…
 パッチリとした目の子なんだなぁ~
 と思いました。
      ■         ■
 私は2002年に上海で行われた
 国際美容外科学会に参加しました。
 香港の学会には、
 1998年に一度行っていましたが、
 上海ははじめてでした。
 そこの第九人民病院というところで、
 ライブサージャリーという
 手術の実演がありました。
      ■         ■
 そこへ行って驚いたのは、
 中国でも二重、豊胸、脂肪吸引という
 美容外科手術が盛んなことでした。
 中国全土から、
 富裕層のお金持ちがやって来て、
 手術を受けていました。
 病院には、
 美容外科のフロアーがありました。
 そこだけは、
 内装が豪華で…
 待合の椅子も革張りのソファーでした。
      ■         ■
 一般の外来が、
 失礼ながら、
 かなり昔の日本の病院というイメージだったので、
 その乖離(かいり)に驚きました。
 中国は、日本以上に
 『美』を追求する国である、
 という印象を受けました。
      ■         ■
 私は、
 実際に歌った楊沛宜(Yang Peiyi)ちゃん(7)
 を気の毒に思いました。
 とても可愛らしい少女だと思います。
 AFP NEWSでは
 丸顔で歯並びがあまりよくなかったため、
 中国の正しいイメージを表現していないとして、
 中国政府が置き換えを命じた。

 とありました。
 7歳と9歳では骨格の成長も違います。
 歯列矯正だけで十分美人になれます。
 どうかめげずに成長してほしいと願っています。


2002年、上海にて

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ