医療問題

大学の順位

 早いもので3月になりました。
 卒業式や合格発表の時期です。
 18歳という年齢で、
 これからの人生の進路が分かれます。
 大学
 専門学校
 へ進学する方。
 卒業して就職なさる方。
 さまざまな人生のスタートになります。
      ■         ■
 大学というところは、
 学問を学ぶところです。
 国立大学へ合格するには、
 小さい時から塾に通い、
 家庭教師の先生をお願いして、
 進学校といわれる、
 名門高校に進み、
 そこでも猛勉強をしないと、
 なかなか合格できません。
      ■         ■
 国公立大学の医学部は、
 難関中の難関で、
 名門校といわれる高校でも、
 成績が優秀でなければ
 現役合格はできません。
 名門校を卒業しても、
 何年も浪人して合格する人もいます。
 その位、難関です。
      ■         ■
 私が受験生だった35年前から、
 一番難しいのが
 東大医学部(東大理Ⅲ:とうだいりさん)。
 次に京大医学部、
 慶應医学部と続きました。
 今でもこの順位は同じだと思います。
 私の同級生だった友人にも、
 東大理Ⅲや慶應医学部へ合格した、
 ‘超’優秀な先生がいました。
      ■         ■
 美容外科を専門としている、
 先生にも
 東大理Ⅲや慶應(医)をご卒業された、
 優秀な先生がいらっしゃいます。
 私は頭が悪かったので、
 東大や慶應どころか、
 北大(医)も難しかったので、
 一浪して無難
 札幌医大へ進学しました。
      ■         ■
 私は、今年55歳になります。
 18歳から数えて37年です。
 負け惜しみで言うわけではありません。
 大学の順位は、
 美容外科医の世界では、
 まったく関係ありません。
 美容外科を早くから開設したのは、
 国公立大学ではなく、
 私立医大でした。
      ■         ■
 看護師さんの世界でも、
 大学の看護学科を卒業され、
 看護師・保健師の資格を取得される方がいます。
 一方で、
 3年間の看護専門学校を卒業して、
 看護師の資格を取得された方。
 准看護師として勤務された後で、
 看護師資格を取得される方もいらっしゃいます。
      ■         ■
 看護師としての技量や能力については、
 大卒でも、
 専門学校卒でも
 准看護師→看護師でも
 まったく関係ありません。
 出身校による差もありません。
 実務能力があるのは、
 准看護師→看護師の方です。
      ■         ■
 私が申し上げたいのは、
 大学の順位はあっても、
 その偏差値が、
 そのまま
 個人の順位
 人間としての価値
 にはならないということです。
 昔、旺文社(おうぶんしゃ)という出版社が、
 大学受験ラジオ講座を放送していました。
      ■         ■
 数学担当の、
 勝浦捨造(かつうらすてぞう)先生
 東北大学助教授→代々木ゼミナール副校長
 がラジオ講座で同じことを話されていました。
 毎年、春にはさまざまな人生があります。
 第一志望に合格できれば最高ですが、
 たとえ第一志望でなくても、
 これからの人生が否定されたのではありません。
 その人その人の生き方が
 一番大切なのだと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ