院長の休日

Sammy通信vol.8

 お世話になっている、
 弁護士の高橋智(さとる)先生から
 Sammy通信vol.8をいただきました。
 温泉でのんびりしながら、
 読ませていただきました。
      ■         ■
 先生は札幌南高校をご卒業。
 札幌では一番の名門校です。
 今回のSammy通信では、
 その札幌南高時代ことが書かれていました。
 同世代の一人として、
 とても共感するところがありました。
      ■         ■
 堅忍不抜~札南の青春~
 というタイトルです。
 こちらからPDFファイルでご覧になれますが、
 かなり重いので、
 PCからご覧になってください。
 札幌南高で生徒会長になった時のことが
 心に残りました。
      ■         ■
 内容の一部を抜粋します。
 一生懸命準備して学校祭に臨んだが、悲しいことがあった。
 後夜祭の時、火文字に点火しようとしたが、点火しなかった。
 「今年の執行部は何をやっているんだ」と野次られた。
 その時は
 どんなに一生懸命やっても報われないことがあるのだと
 つくづく思った。
 会長の任期が終了した2学期末テストでは
 成績順位も、入学時30番位だったのに
 400番台(450人中)となり、
 生徒会長に立候補したことをひどく後悔した。
      ■         ■
 南高を卒業してすでに30年が経った。
 皮肉にも弁護士になってみて、
 一番役に立っていることは南高で勉強したことではなく、
 生徒会活動の進め方、準備の仕方、議論の進め方などで
 苦労した経験だった。
 そして何より生徒会活動で味わった挫折感は
 人間としての修養として欠かせないものだったといえよう。
      ■         ■
 同世代のおじさんの一人として、
 高橋先生とまったく同じ思いです。
 高橋先生は、
 生徒会長を終えられた後で勉強され、
 北大法学部へ現役合格されました。
 私は一浪して札幌医大へ入学しました。
      ■         ■
 浪人した時の挫折感。
 さまざまことで、つまづいた時の挫折感。
 この挫折感を味わい、
 そこでどう対処したのか…?
 という経験が役に立っています。
 手術でも同じです。
 うまくいかなかった手術や
 手術中にトラブルになった経験が
 医療の現場で役に立ちます。
      ■         ■
 3月は悲喜交々(ひきこもごも)
 いろいろな出来事がある季節です。
 第一志望に合格だけが、
 最高の人生ではありません。
 そこから、自分がどのように成長できるか?
 で、その人の人生がはじまります。
 私は自分に与えられた職務を果たし、
 少しでも人生の門出を応援したいと考えています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ