医学講座

埋没法と幸せな人生

 埋没法は
 東洋人の二重まぶたの手術法として、
 確立された手術法です。
 日本、
 米国(アジア系米国人)、
 韓国、
 中国、
 台湾、
 ハワイ(日系人など)、
 世界中で施術されています。
      ■         ■
 日本が誇る
 『世界の技術』
 といっても過言ではありません。
 埋没法で、
 大部分の方は、
 『生まれつきの二重』と
 同じ構造ができます。
 過去の論文を読んでも、
 『取れる率』は、
 数%~20%程度です。
 日本でも海外でも同じです。
      ■         ■
 『埋没法は取れる…?』
 と思われがちですが、
 『取れる』のは、
 多くても10~20%です。
 8割以上の方は、
 埋没法で『幸せな人生』を送れます。
 『取れた』と言われる方の中には、
 加齢による『たるみ』のこともあります。
      ■         ■
 つまり、
 手術適応をしっかり選べば、
 アイプチと‘さよなら’をして、
 お風呂に入っても、
 洗顔をしても、
 シャンプーをしても、
 プールに入っても、
 『取れない』二重まぶたができます。
      ■         ■
 ところが…
 もともと埋没法に向かない目の人も、
 『切るのは怖いから…』
 『安いし…』
 『簡単だから…』
 『保障つきで何度もできるから…』
 と手術を受けることがあります。
 また、
 9,800円の広告で、
 安くて簡単に二重ができる
 と宣伝しているチェーン店もあります。
      ■         ■
 もともと眼瞼下垂(がんけんかすい)で、
 子どもの頃から、
 おでこにしわがある方が、
 埋没法の手術を受けても、
 ある日突然、
 二重のラインが消えることがあります。
 埋没法に向かない目だからです。
      ■         ■
 18歳で埋没法の手術を受けて、
 大学へ進学、
 大学を卒業して就職しました。
 会社では仕事も順調。
 プライベートでも、
 素敵なが見つかり、
 めでたく結婚式の日取りも決まりました。
 結婚式の2週間前に、
 突然、片目だけ一重に!
 どうしましょう?!?!
       ■         ■
 には内緒。
 もちろん、仕事も休めません。
 埋没法を受けたクリニックは…
 美容外科から撤退。
 眼科の
 レーシック専門クリニックになっていました。
 実際にこんなことになっては大変です。
 休みがあるのは、
 就職や進学前の、
 今の時期だけです。
 心配な方は、
 信頼できる先生にご相談なさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ