医学講座

美容外科医を辞めようと思う時

 京都の第39回日本美容外科学会から札幌に帰ってきました。
 札幌は寒いです。
 学会長の出口正巳先生は私と同年代です
 診療をしながら、
 手術をしながら、
 これだけの学会を準備するのは大変なことです。
 出口先生に心から感謝しています。
 ありがとうございました。
      ■         ■
 学会で知り合いの先生と話しました。
 美容外科はストレスが多い職種です。
 何人もの先生から、
 リスクの高い手術やめました
 …とお聞きしました。
 訴訟になったりすると大変です。
 私も脂肪吸引や豊胸術はやめました。
      ■         ■
 印象に残ったのが、
 私のように形成外科出身の美容形成外科医は、
 形成外科は国民医療に必要だが、
 美容外科はほんとうに必要なの?
 ぜいたく品の医療じゃないの?

 …こんな疑問をいだくことがあります。
 美容外科をやめようと思ったこともあります。
      ■         ■
 美容外科医の悲哀
 2009年4月14日の院長日記です。
 美容外科の先生は、
 高給で…
 当直がなくて…
 キレイな女の人を相手にして…
 さぞ優雅な生活だろうと…
 思っていらっしゃる方は?
 いらっしゃいませんか?
      ■         ■
 当直がないのは事実ですが、
 朝から深夜まで働いています。
 私からのメール返信が深夜で、
 驚かれた方も少なくないと思います。
 一年365日、
 一日も休まずに働いています。
 有給休暇もありません。
 代診を頼んだこともありません。
      ■         ■
 私はキレイな花を見るのも、
 作るのも好きです。
 高校生の時から趣味の園芸を見ていました。
 (最近は時間がないので見ていません)
 毎日診療をしていると、
 患者さんから…
 励ましていただくことが多いのですが、
 たまに凹むことがあります。
      ■         ■
 昔、北大形成外科の先輩が
 口唇癌の手術をして、
 手術部位から糸が出てきました。
 何度か続けて糸が出たので、
 どうせ安い糸つかってんだべさ!
 と言われて凹んでいました
 当時、使っていたのは最高級の糸でした。

      ■         ■
 美容形成外科をやっていて、
 安い糸使ってるというクレームはありませんが、
 ちょっとした左右差は、
 保険診療で眼瞼下垂症手術をしても気になるものです
 黒いシミを取ってくださいと言われて、
 悪性黒色腫だったら大変です。
 建物明渡し訴訟の被告は仕方がないですが
 医療裁判の被告にだけはなりたくありません
      ■         ■
 多くの先生が、
 美容外科医を辞めようと思った時に、
 患者さんから、
 先生のおかげで
 きれいになれました
 …と言われて、
 やっぱ俺やろうと思うそうです。
 私も同じです。
 100万ドルの笑顔で、
 先生ありがとうと言われると嬉しいです。
 他の先生たちも美容外科医を続けられるのは、
 患者さんのおかげです
 患者さんに感謝しています

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ