医学講座

京都アニメ死者34人に

 京都アニメーション放火事件
 残念なニュースです。
 京都アニメーションで放火された事件で、
 死者が34人になりました。
 私の記憶にある放火殺人事件で、
 34人の死者はありません。
 お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
      ■         ■
 大やけどで死ぬ原因は、
 やけど直後に亡くなる患者さんと、
 受傷後1ヵ月近く経過してから亡くなる患者さんでは、
 死因が違います。
 皮膚が焼けただけの大やけどは、
 受傷後もしばらくは意識があります。
 自分の焼けた皮膚がわかります。
 深いやけどは神経も焼けてしまうので、
 ぴりぴりとした痛みはありません。
      ■         ■
 やけど直後に亡くなる原因は、
 やけどの組織に体の水分が取られてしまい、
 循環不全になることが原因です。
 専門的な言葉で、
 ハイポボレミックショックと言います。
 日本語になおすと、
 循環血液量減少性ショックです。
      ■         ■
 大やけどの患者さんが搬入されると、
 点滴を何本もします。
 おしっこの管を入れて、
 おしっこの量を測定しながら、
 点滴の量を調整します。
 昔は形成外科医がこれをやっていました。
 おしっこが出なくなると大変です。
      ■         ■
 今は多くの高度救命救急センターで、
 重症熱傷の初期治療を担当するのは、
 救急の先生や看護師さんです。
 形成外科医で、
 救急専門医も持った先生がたまにいらっしゃいます。
 形成外科専門医と、
 救急専門医、
 熱傷専門医の3つを持った先生もいます。
 熱傷のプロです。
      ■         ■
 大やけどのことを、
 私たちは広範囲熱傷と呼びます。
 京都の患者さんたちの多くは、
 広範囲熱傷の患者さんだと思います。
 関西には、
 3つの専門医を持った熱傷のプロがいらっしゃいます
 これ以上、死者が増えないように、
 札幌から祈っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ