医学講座

博士(看護学)への思い

 近藤潤子先生受賞について、
 もう少し書かせてください。
 私が札幌医大に在籍していた時には、
 保健医療学部に、
 何人か外国人教授が在籍していました。
 お会いしたことはありませんでした。
      ■         ■
 札幌医科大学が、
 衛生短期大学を、
 保健医療学部に昇格させる時に、
 困ったのが、
 博士号を持った教員が足りない
 …と聞いたことがありました。
 文部科学省から承認をもらうために、
 外国人教員を採用したと聞きました。
      ■         ■
 優秀な看護師さんはたくさん知っていますが、
 博士(看護学)を持った看護師さんは少ないです。
 私はたまたま恩師、大浦武彦先生のおかげで、
 市立札幌病院に在籍中に、
 博士(医学)の学位を北海道大学からいただきました。
 私の博士号は、
 論文博士という学位です。
      ■         ■
 昔の院長日記に書いてあります。
 博士医学と医師としての腕
 大学にもよりますが…
 准教授以上になるには…
 博士医学の学位が必要です
 私は幸運にも、
 市立札幌病院で働きながら病院長の許可を得て、
 北大で研究ができました。
      ■         ■
 私が博士(医学)の学位をいただいたのは…
 大学院へ進学しないで…
 働きながら研究をして…
 論文を書いて審査していただき…
 合格すると学位記がいただけるという制度でした。
 働きながら学ぶ定時制高校のようです。
 苦労して勉強したためか?
 今でも学会が好きです。
      ■         ■
 看護学のことはよくわかりませんが、
 全国の医科系大学で、
 この働きながら研究をして、
 論文を書いて学位を取得する、
 論文博士の制度が少なくなっています。
 今の北大医学部はほぼ100%大学院進学で学位を取得しています。
 日本の医学水準は高いです。
 それは臨床現場の懸命な努力によるところが大きいです。
 博士(看護学)の学位も、
 もう少し取得しやすくすると、
 看護学大学院の教員も増えると思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ