昔の記憶

大浦憲子様の想い出①

 私が北大形成外科に入局したのが25歳でした
 今から34年前です。
 札幌医大を卒業して北大病院の研修医になりました
 北大のことは何もわかりませんでした。
 廊下で教授とすれ違っても…
 何科の教授かもわかりませんでした。
      ■         ■
 同期のいがちゃんこと、
 井川浩晴先生から
 ほんまちゃん
 あの先生が…
 (医師)国家試験出題委員の…
 葛西教授
 …と教えてもらいました
      ■         ■
 入局した年に、
 第6回日本熱傷学会が札幌で開催されました。
 第1回国際熱傷学会アジア太平洋地区会議も行われました。
 私が北大形成外科で仕事をはじめたのが、
 1980年5月。
 学会は、
 1980年6月18日(水)19日(木)でした。
 形成外科のことも、
 熱傷のこともさっぱりわかりませんでした。
      ■         ■
 学会には、
 米国からJohn A. Boswick教授ご夫妻など、
 世界中から偉い先生がたくさんいらっしゃいました。
 学会で私が命じられたのが、
 写真係でした
 熱傷のことはわかりませんでしたが、
 学会にいらした先生の奥様をご案内し、
 札幌市内の観光案内で写真係をしました。
      ■         ■
 25歳の私が写真係。
 大浦武彦先生が49歳。
 奥様の憲子様が44歳でした。
 はじめて大浦先生の奥様を見た時、
 なんて上品できれいな方だろう
 …と思いました。
      ■         ■
 奥様は外国の先生の奥様たち。
 東京警察病院の大森清一先生の奥様。
 日本形成外科学会や日本熱傷学会重鎮の先生の奥様たちを、
 実に丁寧におもてなししていらっしゃいました。
 日本の茶道・華道・着物、
 日本舞踊などを上手にご紹介していらっしゃいました。
 Boswick教授の奥様から、
 私が撮った写真がとても気に入ったと、
 帰国後にデンバーから写真集を送ってくださいました。
 忘れられない思い出です。
 私はおもてなしの心を大浦憲子様からご指導いただきました。

“大浦憲子様の想い出①”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    素敵な方だったんですね。
    本当に惜しい方を亡くしました。

    私事ですが、主人と姑、叔母が結託して
    お金の問題でもめています。
    PCもスマホも使用禁止と宣告されました。
    (今、主人は外出しているんです)

    私が明日出没しなかったら
    そういう訳だと思って下さい。
    家庭内別居だと告げられました。

    お金は縁の切れめなんでしょうか?

    夫婦の仲を修復しようと頑張ってきましたが、
    自信が無くなりました。

  2. まみ子 より:

    大浦先生の奥様のご逝去を、本日理事長にお伝えしました。

    心よりご冥福をお祈り致します

  3. さくらんぼ より:

    素敵な奥様でしたね。ご冥福をお祈りいたします。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ