医学講座

医者冥利(みょうり)

 医師になってよかったと思う瞬間があります。
 それはお給料をいただいた時とか…
 ではありません。
 自分が他人の役に立った…!
 と実感できた時です。
 この院長日記でも…
 何人かの先生の医者冥利を掲載しました。
      ■         ■
 私が一番印象に残っているのが…
 産科医冥利という
 2007年10月29日に掲載した、
 日本産婦人科医会会長、
 浜松医科大学長の寺尾俊彦先生のエッセイです。
 メディカルトリビューンという
 医師向けの新聞に掲載されていました。
      ■         ■
 以下が要旨です。
 名古屋大学医学部附属病院に勤務していた40年前、
 ある日、浜松から患者さんが診察にみえた。幼いころ、脊柱が湾曲する病気にかかり、身長が中学生位の方だった。
 大学で福祉の勉強をしたという、とてもかわいらしい女性である。卒業後、高校教諭と結婚したが、出産はあきらめていた。どの産婦人科医に尋ねても無理とのこと。
 しかし、愛する夫の子がどうしても欲しいと遂に名古屋まで来たという。
 正直、私も無理かと思った。子宮が大きくなるにつれ腸の行き場がなくなり食事ができない、また、背骨が痛むのではないかと心配した。
 しかし、話をしているうちに、この方の明るさと前向きな姿勢なら、ひょっとしていけるかもしれないと思うようになった。
 結局、浜松から名古屋まで通っていただき、帝王切開で無事、男の子が誕生した。更に数年後には女の子が誕生した。
 この男の子が名古屋大学医学部に入学し医師となった。
 卒業後2年間の研修医期間を終え、私たちの産婦人科教室に入ってくれた。さらにまた、結婚し、私たち夫婦が仲人をさせていただいた。
 最近、この夫婦にも赤ちゃんが誕生したが、将来きっと素晴らしい医師になってくれるに違いない。
      ■         ■
 医師という仕事は、
 ストレスの多い仕事です
 患者さんの死という…
 避けては通れない場面と遭遇します。
 どんなに頑張っても…
 救命できないこともあります。
 鹿野恒先生という日記に書いてあります。
 そんな時には無力感に襲われます。
      ■         ■
 美容外科や形成外科は…
 想像以上に大変な仕事です
 結果が目に見えるために…
 どんなに上手にできた!
 …と、こちらが思っても…
 患者さん(お客さん)が気に入らなければ…
 零点と同じです。
      ■         ■
 私にも…
 形成外科医になってよかったと思ったことがあります。
 私の顔を治してください
 と頼まれて…
 6時間30分もかけて治した方から…
 結婚しましたと…
 写真付の葉書をいただいた時。
 昔、赤ちゃんの時に手術をした患者さんが
 訪ねて来てくれてた時。
      ■         ■
 美容形成外科医になってからは…
 手術を受けていただいた方から
 院長日記に…
 手術を受けてよかった
 コメントをいただいた時。
 苦労して手術してよかった
 と…
 医者冥利を実感しています。
 これからもがんばりたいと思います。

“医者冥利(みょうり)”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    先生 ご苦労もたくさんおありだと思いますが、あの綺麗な花嫁さんの写真の方のように、あんな傷の顔をあんなに綺麗に治せるのは 魔法の手のようです。
    これからも、あ〜治してもらってよかった。という言葉を励みに頑張ってください。
    記事の方は先天性の測わん症ですね。
    私は何度も書きましたが、山大の皮膚科の林先生に巻き爪と背部脂肪腫の摘出の手術をして戴き、MRIに写った影を見て整形外科脊髄の武井先生をご紹介いただき、脊髄腫瘍腰部馬尾神経腫瘍を見つけて戴き車椅子にもならずに今があります。『林先生に見つけていただきありがとうございました。こうして働いていられるのも先生のおかげです』 先生は『私は当たり前の事をしただけです。でもそう言っていただけて医者冥利につきます』と言われました。
    先生 夏休みです。悩める 学生さん、眼瞼下垂症を治すなら勇気を出してゴーですょ。

  2. セイコ より:

    私も先生のお陰で助けれて、感謝している一人です。この数年間様々な苦痛が起こっていましたが、病気とは思いませんでした。左右の眉毛のバランスが崩れる、本を読んでいると瞼がだるくて開けていられなくなる、一番苦しかったのは首の凝りでそこから頭痛も発生、幾らマッサージや針を繰り返しても次の日同じ状態に戻ってしまうという繰り返し。どうしたらこの苦痛から逃れられるのか?お先真っ暗だった時、眼瞼下垂の事を知りました。元々肩凝りなので時々治療院へは行きますが、首の凝りや瞼のだるさは嘘のように解消し、何よりたるんだ瞼がスッキリしてちょっと(目だけですが)若返って(今時の言葉だと)超”ラッキー”の気分です。先生が救世主に見えました。それにどんどん顔が崩れて来ても、その気になれば何とかして頂ける!と~心強い~存在であることは間違いありません。今回面白い事が判りました。目の周りが随分変わったのに誰も気付かないのです。眼瞼下垂の事をPRすべきと思い、「私手術したよ」と言うと、始めて、そうなの!と驚くのです。自分が思っているより他人の事ってそんなに気にしていないと実感しました。ですから落ち込むような事を仕出かしても気にしない事にしました。思わぬ副産物でした。感謝!

  3. pochi より:

    ああ。ビックリしました。
    本間さんのお兄ちゃんなのですね。。
    私は近所に住んでいた姉妹の妹の方です。
    ご両親と母は今でもお付き合いはあるようですね。
    お元気そうで何よりです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ