医学講座

顔貌の変化

 顔貌(がんぼう)の変化(へんか)と読みます。
 顔が変わることです。
 美容外科や形成外科は、
 顔という、
 大切なパーツを変える仕事です。
 レーザーでお肌をきれいにするのはいいけど…
 を変えるのは…
 どうかなぁ~~???
 という方は世の中にたくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 私も昔はそう考えていました。
 自分が美容整形の医者になるとは、
 考えたこともありませんでした。
 私は血を見るのがこわい医学生でした。
 形成外科医になった理由という、
 2006年11月26日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 最初に美容外科の患者さん(お客様)を見た時には、
 私の率直な印象は
 『こんなにキレイな方なのに
 どうしてコラーゲンでシワなんかとるの?』でした。
 形成外科から美容外科という
 2007年3月27日の院長日記に書いてあります。
 当時は、
 北大病院でコラーゲンの臨床試験の担当になりました。
      ■         ■
 あれから30年近くになります。
 私の考えも変わりました。
 せっかく医学が進歩したのだから…
 ちょっと医学の力を借りて…
 きれいになればいいじゃないですか?
 親からもらっただって…
 親もきれいだったら…
 もっといい人生だったかもしれませんょ。
 きれいしあわせな方が…
 も喜びますよ!
      ■         ■
 それでも…
 いきなり変わるのはどうかなぁ~?
 と考えるのが人間です。
 先生、あまり変わらないようにお願いします!
 彼氏にバレないようにお願いします!
 会社でバレないようにお願いします!
 というお願いもよく承ります。
 もっともなお気持ちです。
      ■         ■
 顔貌(がんぼう)の変化を求めて…
 手術を受けるのに…
 あまり変わらないようにと願うのは、
 自然といえば自然な気持ちです。
 そんな方でも…
 手術から3ヶ月も経って…
 腫れが落ち着いてくると…
 もっとを広くしておけばよかった!
 ということになる人もいます。
      ■         ■
 これももっともなお気持ちです。
 私のモットーは、
 イメージは自然です。
 世の中には、
 お客さんの求めに応じて、
 外人顔でも…
 幅広二重の西洋人顔でも…
 何でも作ってしまう先生もいます。
 私はナチュラル派なので、
 もの足りないという人も多いようです。
 医者と患者の相性も大切です。
      ■         ■
 美容外科や形成外科は十分に相性の合う医師を選ぶべきです。
 私がどんなに、これはキレイでしょう。と申し上げても、本人が気に入らなければダメです。
 家を建てる場合や自動車を購入する時は、モデルハウスを見たり、試乗者に乗ったりして確められます。
 美容外科は高い買い物なのに、試乗することもできません。
 ホームページなどでその先生の‘代表作’をよく吟味して、実際にクリニックに足を運んで確めてください。
 どんな名医がした手術でも結果に不満足な人はいます。
 私は世界一の名医ではありません。
 後悔しないためにも、ご自分で吟味して、確認して、同意書にサインをして、手術を受けてください。

“顔貌の変化”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    先生のblogを読ませていただき3年?近くなるでしょうか?先生はナチュラル派 で自然な仕上がりを大事になさる先生だなあとわかりました。
    手術してから満足するように 先生選びも慎重にですね。
    でも 眼瞼下垂症などの手術は保険が効くのが札幌美容形成外科ですよね。

  2. さくらんぼ より:

    今日たまたま2Chを見ました。この日の内容で死にたいとかひどい内容のCommentがありびっくりしています。
    私は 信じられません。

  3. さくらんぼ より:

    ↑すみません。2007年の7月24日でした

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ