二重・眼瞼下垂

診断が難しい眼瞼痙攣

 日本神経眼科学会から、
 2011年7月に出されたガイドラインです
 本態性眼瞼けいれん(以下、眼瞼けいれん)とは、
 眼瞼周囲の筋、主として眼輪筋(がんりんきん)の
 間欠性あるいは持続性の
 過度の収縮により
 不随意的な閉瞼が生ずる疾患で、
 他の神経学的、
 眼科学的異常が
 原因となっていないものと定義される。

      ■         ■
 この文章を読んだだけで、
 あぁ難しいとため息が出ます。
 簡単に言うと、
 目がぴくぴくして、
 目を開けにくくなる病気です。
 理由はわかりませんが、
 なぜか?
 まぶしいという患者さんが多いです。
 サングラスを離せない方もいます。
      ■         ■
 ガイドラインにあるような、
 典型的な症状がある患者さんは、
 診断が難しいことはありません。
 困るのが、
 他の病院で手術を受けた患者さんです。
 眼瞼下垂症手術がうまくいっていないのか?
 眼瞼痙攣なのか判断できないことがあります。
      ■         ■
 ボトックス治療で痙攣が治るようになりました。
 残念なことに、
 注射の効果は一時的で、
 半年もすると薬が切れてしまいます。
 眼輪筋を切除する手術は、
 侵襲が大きく、
 手術をする側も、
 手術を受ける側も大変です。
      ■         ■
 信州大学形成外科の研究で、
 眼瞼痙攣の病態がかなり見えてきました。
 比較的容易にできる診断法も教えていただきました。
 松尾先生の会長講演にはありませんでしたが、
 伴 緑也(ばんりょくや)先生のランチョンセミナーで、
 レーザーを使った眼輪筋治療が、
 眼瞼痙攣の患者さんに有効であると教えていただきました。
 これから有望な治療法だと思います。
 眼瞼痙攣や眼瞼下垂症の手術が進歩し、
 少しずつ病態が解明されてきています。

“診断が難しい眼瞼痙攣”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    医学の進歩は素晴らしいですね。悩んでいる方には朗報です。愚息は 携帯代を節約しようと 今まで使っていたスマホを私にくれ、先生のブログを見れるようにしてくれたのですが、アナログ人間なんで中々使いこなせません。 息子は なんでも 殆ど携帯代が無料になると言ってますが、、

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。台風の影響を心配しています。大切な果樹に被害がないことを祈っています。スマホは料金体系が変わり、格安simを使う方も増えているようです。毎月1万円はやってられません。どうやって携帯代を節約するのかご子息に伺ってみたいです。

  2. なっちゅん より:

    医学の進歩は凄いですね。
    それを勉強され、取り入れてる先生には脱帽してしまいます。
    札幌近郊の方は恵まれていますね。
    いや、遠くからも来られるでしょうね。

  3. さくらんぼ より:

    お陰様で台風の被害はなかったです。 携帯の事は息子に聞いてもチンプンカンプンで、auも解約したようです。どこの会社とも契約しないでできるそうですが、私にはムリです

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ