医学講座

担当医によって違う全治○週間

 交通事故と診断書という、
 2011年12月16日の院長日記があります。
 警察が人身事故として事故処理をするためには、
 医師の診断書が必要になります。
 診断書の全治○週間の、
 ○が1か3かで、
 免停30日か90日か、
 違反点数がぎりぎりの人は、
 免許取消になることもあります。
 お医者さんの診断書は重要です。
      ■         ■
 保険会社は、
 医師の診断書が提出されて…
 人身事故として警察が事故処理をしていないと…
 保険金を支払わない場合があります
 ところが、物損事故扱いでも、
 保険金が支払われることもあります。
 私の交通事故がそうでした。
      ■         ■
 医師にとって困るのが…
 全治○週間という…
 治療期間の決め方です。
 保険会社に治療費を請求する関係で、
 全治一週間と書いたのに…
 治るまでに…
 一年もかかると…
 どうして…?
 一週間の診断書なのに
 一年もかかるの…?
 …ということになります。
      ■         ■
 女性の顔に傷ができると…
 少しでも目立たなく治療したいと思います。
 裁判官の娘さんでも…
 警察官の娘さんでも…
 弁護士さんの娘さんでも同じです。
 ちょっとでも赤味が残っていたり…
 色素沈着が残っていたりすると…
 治療したいと思います。
      ■         ■
 形成外科で診断書を作成すると、
 ちょっとした顔のけがでも、
 向後約一年間の通院治療を要する見込みである
 …と書く場合があります。
 顔の傷が残りそうな時は…
 私は約一年間と書くようにしています
 実際に何年もかかることがあります。
      ■         ■
 困るのが… 
 刑事処分や行政処分の重さが…
 治療期間によって決められることです
 治療期間が3ヶ月以上になると…
 重傷事故と判断されることがあります。
 そもそも… 
 医学用語に軽傷とか
 重傷はありません。
 定義もはっきりしません。
      ■         ■
 用語自体も、
 医学では
 …とやまいだれを使います。
 形成外科で、
 一年間の治療と書くと…
 よく検察庁から問い合わせが来ていました。
 検察官も、
 顔面挫裂創(裂けて切れた傷)で、
 一年間もかかるのは?と考えるようです。
      ■         ■
 顔の傷が【全治】という定義が、
 日本形成外科学会にも、
 日本美容外科学会にもありません。
 体質によっては、
 肥厚性瘢痕となって、
 傷が目立つこともあります。
 交通事故の加害者にとっては、
 免停30日か90日かではえらい違いです。
 行政処分や罰金が、
 単純に全治○週間という診断書で決まる、
 今のシステムに問題があります。
      ■         ■
 もし不幸にして事故を起こしてしまい、
 加害者になった時は、
 まず相手に誠意を見せることです。
 ほんとうに申し訳ありませんでした
 心から謝ることです
 処分を受けることになったら、
 信頼できる弁護士さんに依頼することをおすすめします。
 加害者になってしまった時も、
 私は弁護士法人高橋智法律事務所をおすすめします
 信頼できる弁護士さんです。
 TVで宣伝している弁護士事務所は、
 私はおすすめしません。

“担当医によって違う全治○週間”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    そうですよね。いつ自分が加害者になるかわかりません。 最近弁護士の借金返済の過払い金の宣伝がすごいのですが、あれはなんなんでしょうか? 信頼できる高橋弁護士ですよね。

  2. なっちゅん より:

    全治◯週間は、様々な波紋を呼びますね。
    私も一週間と書かれましたが、治療続行中です。
    顔に傷が残るのもショックですが、頭痛という病と闘うのも正直疲れ果てました。

    加害者がお菓子折りを持参して謝罪に来てくださった2回目の加害者の方には何も思いませんが、第一事故の加害者は誠意の欠片もなかったので、苛立ちを覚えます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ