医学講座

大手美容外科のその後

 昨日の院長日記、
 大手美容外科の先生に、
 私が48歳で失業した時のことを書きました
 私は2002年7月に札幌医科大学を退職しました。退職というと聞こえはいいですが、事実上は医学部長に追い出されました
 私を札幌医科大学へ招いてくれたのも、追い出してくれたのも同じ人でした。
 48歳の時でした。子供はようやく大学に入ったばかりと、高校生の2人でした。2人とも私立で、お金がかかる時期なのに困りました。
      ■         ■
 その前から、嫌な予感がしていたので退職しようと考えていましたが、突然、解雇通告を受けたようなものでした。
 開業を考えましたが、資金も準備期間もありませんでした。
 その4年前に、美容外科医になろうと思っていました。
 解雇通告を受けてから、紹介していただいたり、自分で応募して、ほとんどの大手美容外科に面接に行きました
 たくさん募集広告が出ていたので、簡単に就職できるだろうと安易に考えていました。結果は、不合格やら条件が合わないなどで、惨憺さんたんたるものでした。
      ■         ■
 技術的に問題があるとか、大学をクビになったからとかの理由ではありませんでした。
 私のように、大学の形成外科講師になってしまった人間は、チェーン店ではとても使いづらいのです。
 経営者の言う通りに、なんでもハイハイと手術を引き受ける先生でなければ、チェーン店の美容外科医としては失格なのです。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科は医師が経営しているところと、医師以外が経営しているところがあります。
 医師が経営しているチェーン店は、全て私よりも若い先生が経営者でした。
 自分より年長の、うるさそうな形成外科医を採用しても、うまく仕事をしてくれそうもない。今なら、よく理解できます。
      ■         ■
 大学は追い出されるは、次の就職先は見つからないは、開業するにも資金はないは、で本当に困りました。
 その時に助けていただいたのが、親しくしていた医療機器メーカーの社長さんでした。
 JMECの故森下純一社長さんが、中央クリニックの社長さんを紹介してくださいました。
 ようやく、私の就職先が見つかりました。
 今でも、紹介してくださった森下純一社長さんと、採用してくださった中央クリニックの社長さんに心から感謝しています。
      ■         ■
 当時の私は形成外科医として十分な経験と知識があり、札幌の老舗美容外科で副院長も経験していました
 ところが、チェーン店の美容外科は、手術件数の桁が違いました
 普通、市立札幌病院などの総合病院では、手術日が決まっています。
 形成外科の手術日は多くて、週に3日、少ないところでは2日です。
 年間の手術件数も、数人の形成外科医がいて、多くても1,000件程度でした。
      ■         ■
 中央クリニック札幌院に私が在籍していた時は、一人でそれまでの数倍の手術をしました。
 毎日、朝から夜まで手術をしていました。
 医師になってはじめて、手術のしすぎで手に豆ができました。
 形成外科医の時は、手術する相手は患者さんでしたが、美容外科ではお客様でした。
 スタッフも美人の若い女性ばかりでした。私の生活はそれまでと一変しました。
      ■         ■
 今になって思うと、大学を辞めてよかったと、私を追い出してくれた医学部長にも感謝しているくらいです。
 人生には、予期できないことがたくさんあります。自分が正しいと思ってしていたことでも、他人からは悪く思われ、職を失うこともありました。
 医師免許は、簡単に手に入れられるものではありませんが、医師免許があるからといって安泰ではありません。
 自分を助けてくれる人、自分を陥れるおとしいれる人。さまざまな人がいます。
 どんなことがあっても、しっかりと自分の考えを持ち、信念を貫くことが大切だと私は考えています。

      ■         ■
 2002年に私が面接に行った美容外科の中には、
 倒産してしまったところもあります
 2010年5月にネットに掲載されていた記事です。
 レーシック「神奈川クリニック眼科」など運営医療法人社団博美会破産手続き開始決定受ける負債68億円
 「東京」医療法人社団博美会(資産総額2億9851万1987円、新宿区西新宿6-5-1、理事長山子大助氏<やまご・だいすけ>)は、2010年5月6日に東京地裁へ自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。
 申請代理人は尾崎純理弁護士(東京都千代田区二番町9-8)。
 1982年(昭和57年)1月創業、96年(平成8年)8月に法人改組。神奈川クリニックグループの中核法人で、美容外科「神奈川クリニック」を中心に事業を拡大、その後、「神奈川クリニック眼科」を東京、大阪、名古屋で開院、医療用レーザーによる視力回復手術「レーシック」事業に参入したことで業容を順調に拡大させ、2008年7月期には年収入高約116億7100万円を計上していた。
 その一方で、レーシック事業への先行投資が負担となり、2005年7月期には債務超過に転落、その後2008年7月期には債務超過を解消したものの、美容整形部門における競争激化などから2009年7月期までにクリニックの閉鎖を進め、2009年4月時点のクリニック数は14ヵ所にまで縮小していた。その後、美容外科クリニックに関しては別法人に事業譲渡し、直近では眼科事業のみでの営業となっていた。
 その間、2009年2月に「銀座眼科」(東京都中央区)でレーシック手術を受けた患者639人の約1割に当たる67人が感染性角膜炎などを発症していたことが発覚、同手術の安全性が注目された。加えて、8月にはレーシック業界最大手の「品川クリニック」とともに、公正取引委員会より料金表示について景品表示法の規定に違反する恐れがあるとして、誤認するような表示を行わないよう警告を受けるなど、経営環境が悪化していた。
 また、2009年7月にはクリニックの広告宣伝を手がけていたグループ会社の(株)サザンウインド・インターナショナル(資本金1000万円、同所、代表藤井眞美子氏)に対して、広告関係の業者によってドメイン名の仮差押がなされるなど、取引業者との支払に関するトラブルが表面化していた。
 なお、眼科事業に関しては医療法人社団稜歩会(兵庫県神戸市)に譲渡する予定としている。負債は約68億円

      ■         ■
 当時は毎日TVでCMを流していました。
 ♪かーながわクーリニック♪
 今でもそのフレーズを覚えています。
 神奈川クリニックには優秀な形成外科医も勤務していました。
 元神奈クリの医師で、
 今はご自分で開業して繁盛している先生が、
 何人もいらっしゃいます。
      ■         ■
 神奈川クリニックは技術的に問題があるとかではなく、
 美容外科の低価格競争
 その後にレーシック事業を拡大したのが
 倒産の一つの原因だと(私は)思っています。
 大手美容外科だから安心はありません。
 私は美容外科にかかるなら、
 地味でも、
 お医者さんが一人でこつこつやっているクリニックをすすめます。
 TVで宣伝しているのは、
 美容整形も弁護士もすすめません

“大手美容外科のその後”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    神奈川クリニックは知りませんでしたが
    レーシックにも手を出してたんですね。

    コンタクトは疲れるし、眼鏡顔は嫌いです。
    レーシックが慎重派の本間先生にも
    認められる日が来るまでは我慢します。

    先生は再就職で悩んだ日もあったみたいですが
    倒産した大手美容外科もあり
    中央クリニックで再就職し
    その後開業され成功されよかったですね。

    裁判があり大変でしょうが
    神様は見ていらっしゃいます!

    無宗教の私ですが…

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私も無宗教です。でもお正月には神社にお参りに行きます。大同生命札幌ビルは閉鎖されました。私との裁判があるのでいつ取り壊すのでしょうか?最後の一店舗になっても診療を続けます。がんばります。ご声援に感謝いたします。

  2. さくらんぼ より:

    山形でCMで流れているのは共立美容外科♪でしょうか。 先生は プラス思考でいらっしゃるから 追い出されてよかったとおっしゃってますが、私なら仕返しをしたいです。 バチが当たればいいと思います。 世の中には いろんな先生がいらっしゃる事もわかりました。 本間先生くらい、真面目で、ばか(失礼)正直な先生はいません。 でも ほんとは 形成外科医として 沢山の患者を助ける医師が一番好きなんだと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのおっしゃる通りです。私はもともと形成外科医なので二重の幅をちょっとだけ広げたいという人より、私なんて生まれつき目が細くて開きが悪くてどうせ○○だから…という人を治すのが好きです。美容外科医じゃないと言われます。その通りだと思います。自覚しています。

  3. 関東のKです より:

    本間先生、お疲れです。
    本日診ていただいたKです!
    本間先生に診ていただき、もう瞼はこのままで良いんだって思えました。
    無駄な手術をすることなく済んで良かったです。
    私は本間先生のような先生が患者の立場に立った本当に良い先生だと思います。
    ありがとうございました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ご来院いただきありがとうございました。手術は不要です。気になったらまたいらしてください。

  4. くくるん より:

    こんばんは。
    どんな時でもしっかりとした自分の考えを持ち、信念を貫くこと、ですか。
    当たり前のようだけど、これはなかなか出来ることではないんですよね。
    本間先生は、どうしてそれが出来るのですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    自分の専門以外のことに手を出して失敗するより、専門性が高い仕事をとことんするのが自分の性分に合っています。形成外科医がレーシックに手を出すなんて考えられません。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ